「Windows 10」テクニカルプレビューBuild 10041のISOイメージが公開

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-26 12:31

 Microsoftは、「Windows 10」テクニカルプレビューBuild 10041のISOイメージを公開した。また、「Windows Insider Program(Windowsインサイダープログラム)」でSlow(低速)リングを設定しているユーザーに向けても配信を開始する。

 Windowsテクニカルプレビューを新たにインストールすると、デフォルトではSlowリングが選択されるようになっている。新しいビルドはまずFast(高速)リングに配信され、大きなバグへの対応が済んでからSlowリングへと配信される。FastリングかSlowリングかの選択は「Settings」アプリから可能だ。同アプリから[Update & Recovery](保守と管理)-[Windows Update]-[Advanced Options](詳細オプション)を選択すればよい。

 Build 10041の提供はFastリングに設定しているユーザーに対してWindows Update経由のみで実施されていた。今回は、より広範囲のユーザーに向けて、日本語を含む21言語を対象としたx86フォーマットおよびx64フォーマットの「Windows 10 Pro」のディスクイメージ(ISO形式)がダウンロード提供される。ISO形式の提供により、仮想マシン上へのインストールや、既存PCへのクリーンインストールが容易になる。

 大規模配備環境におけるITプロフェッショナル向けとして設計された「Windows 10 Enterprise Technical Preview」のBuild 10041は現在のところ、ISO形式では提供されていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]