編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグル、「Safe Browsing API」に詐欺的ソフトウェアの情報を追加

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-27 11:32

 Googleが、Webユーザーを悪意あるソフトウェアから守る「Safe Browsing API」の取り組みを続けている。同社はこのほど、詐欺的なソフトウェアに関する情報を同APIに追加した。

 Safe Browsingは、悪意あるプログラム、フィッシング、安全ではないサイト、マルウェアなどからユーザーを保護することを目的とした機能だ。「Chrome」では、ユーザーを「欺く」ようなソフトウェアをダウンロードしようとした場合に警告を表示する。2月、Googleはこれをさらに拡大し、悪意あるソフトウェアのダウンロードを奨励するWebサイトの訪問についても警告するようになった。


訪れようとしているページに不正なプログラムが含まれていることを警告するメッセージ

 Safe Browsingは、Googleが持つフィッシング、マルウェア、詐欺的なソフトウェアのページリストに、WebサイトのURLを照らし合わせることで機能する。Googleはユーザーが望まないソフトウェアの定義を、「便利なダウンロードに見せかけた詐欺的なソフトウェアで、ユーザーが望まない変更をコンピューターに行うことでユーザーのWeb体験を害するもの」としており、このリストを継続的に更新している。

 さらに、マルウェアに感染したページに誘導するリンクのクリックに対しても警告するほか、悪意あるリンクを自分のWebサイトに投稿することも防止してくれる。

 米国時間3月24日付のブログ記事で、GoogleのSafe Browsing Program担当マネージャーのEmily Schechter氏はSafe Browsing技術がGoogleのさまざまな製品で利用されていると述べた。これにはChromeのほか、「Google Analytics」も含まれる。そして、同APIは「Firefox」など他のブラウザにも組み込まれていると記している。

 Googleによると、Safe Browsing APIは11億人以上のユーザーの保護に役立っているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]