闇市場の犯罪者、勤勉な“顧客サービス”を心掛ける:SecureWorks分析

NO BUDGET 2015年03月31日 15時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは3月30日、Dell SecureWorksが2014年に実施した「アンダーグラウンドのハッカー市場動向調査レポート」の日本語版を発表した。

 調査は、Dell SecureWorksのCounter Threat Unit(CTU)が、ハッカー市場で流通している不正に取得されたクレジットカードや銀行口座情報、なりすましや詐欺で利用できる個人情報一式である“Fullz”、ハッキングサービスなどの市場動向を取りまとめた。2013年にも調査されており、今回のレポートには前年と比較している。

 2013年と比べて最大の違いとして新しい身分証明書キットやパスポート、公共料金の請求書、社会保障カード、運転免許証など詐欺に利用される偽造文書の流通で市場が急速に拡大する傾向にあることが挙げられている。こうした文書の偽造には実際にオフラインで詐欺を働く必要があるという。

 ハッカーは自らが犯罪行為を行うことで収入を得ているだけでなく、そのノウハウを商品として販売し、少額の追加収入獲得にも手を広げるようになってきている。2014年はサイバー侵害が多く、数百万枚のクレジットカードやデビットカードの情報漏洩が報告されている。そのため、闇の市場にプレミアムクレジットカードが大量に出回る可能性が高いことが懸念されるとしている。

 合法で健全な表の市場と同様に、製品やサービスを販売するさまざまなベンダーが集まる闇市場でも、顧客間のベンダーに対する評判がビジネスを成功させるために重要な指標になっているという。

 販売している盗難データに対して「迅速な顧客サービス」と「100%保証」を提供することで差別化を図るベンダーも登場。闇市場で暗躍するベンダーは、顧客がオンラインまたはオフラインでの詐欺を成功させられるように販売するツールやサービスの継続的な強化に取り組んでいる。合法な市場では“企業努力”と見なされる、このような行為も犯罪を増加させうる脅威となる。

闇市場での販売者の満足度保証の例
闇市場での販売者の満足度保証の例(デル提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算