編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「Google Cloud Platform」がAndroid端末から管理可能に

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-31 10:21

 Googleは、モバイル端末による「Google Cloud Platform」の管理を可能にするアプリ「Cloud Console」の「Android」版をリリースした。

 Cloud ConsoleのAndroid版はまだベータ扱いだが、すでにGoogle Playからダウンロード可能だ。GoogleではCloud Consoleの「iOS」版も開発中とのことだが、具体的なリリース日については言及していない。

 Cloud ConsoleのAndroid版は、Androidタブレットとスマートフォンに最適化されており、「Google App Engine」や「Google Compute Engine」上で実行されているソリューションの状態をリアルタイムに監視し、問題発生時にアラートを表示できる。

 Google Cloud PlatformのプロダクトマネージャであるMichael Thomsen氏が米国時間3月30日に投稿したブログ記事によると、Cloud Consoleには各種のグラフ、請求額の概算、各リソースの実行状態、ゾーンやIPを含むプロパティなど、多種多様な情報を表示できる。さらに、App Engineのバージョン変更や、Compute Engineインスタンスの開始と停止など、各種の中核機能を呼び出して実行することもできる。

 問題をリアルタイムに検出し迅速な対応を可能にするCloud Consoleは、年中無休でシステムを監視する専任のIT要員を確保するのが難しい中小企業において、その真価を発揮するだろう。また、大企業のIT部門においても、時間と予算を節約するうえで便利なツールとなり得る。


提供:Google Cloud Platform

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]