「Android」のフラグメンテーション--出荷数増加の光と影

Matt Asay (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年09月11日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」は問題を抱えている。もっと正確に言えば、Android開発者は問題を抱えている。世界スマートフォン市場で84.7%ものシェアを獲得(2013年の79.6%から拡大)しているにもかかわらず、同OSのフラグメンテーションは年々深刻化しており、開発者は2014年に流通している少なくとも1万8796種類のAndroidデバイスへの対応を求められている。

figure_1

 開発者は何をすべきなのだろうか。

 何をするにせよ、落ち着くことだ。Androidのフラグメンテーションは厄介なことかもしれないが、さまざまな理由から、障害ではなくむしろ好機になる可能性もある。

スマートフォン市場を短期間で制圧したAndroid

 Androidの圧倒的な市場シェアは今に始まったことではない。何年も前から、このオープンソースOSはスマートフォン市場でシェアを伸ばし続けてきた。IDCによると、直近の2014年第2四半期、Androidは出荷台数を前年同期から33%伸ばし、84.7%の市場シェアを獲得したという(図A)。

図A
世界スマートフォン市場におけるOSシェア。
世界スマートフォン市場におけるOSシェア。

 市場シェアの推移をずっと追ってきた人から見れば、それはAndroidが2011年に記録した市場シェア36.1%と比べて大幅な拡大である。同じ4年の間に、Appleの「iOS」の市場シェアは18.7%から11.7%に縮小した。

 しかし、特に興味深いのは、Androidがどの価格帯で使われているのか、ということだ。確かにハイエンドのAndroidスマートフォンもサムスンなどから提供されているが、IDCの調査結果が示すように、Androidの本当のスイートスポットは市場のローエンドとミドルレンジにある(図B)。

図B
世界スマートフォン市場における価格帯別OSシェア。
世界スマートフォン市場における価格帯別OSシェア。

 Androidが新興市場で普及していることを考えると、これは意外なことではない(図C)。このことは、VisionMobileが開発者を対象に実施した調査の結果にも顕著に表れている。

図C
開発者市場を支配する「iOS」と「Android」。
開発者市場を支配する「iOS」と「Android」。

 新興市場におけるAndroidの強さは今後も持続するはずだ、とIDCのリサーチマネージャーであるRamon Llamas氏は推測する。「第2四半期、世界で出荷されたすべてのAndroidスマートフォンの58.6%は、契約なしで200ドル以下で販売されており、ほかのデバイスに比べて非常に魅力的だった。Googleがリファレンスデザインを100ドル以下でAndroid OEMに提供する『Android One』が先ごろ発表されたことで、200ドル以下のデバイスの台数の比率はさらに高まるだろう」(Llamas氏)

 伊藤穰一氏が先ごろ、深センへの旅行で発見したように、中国では完全な機能を備えた携帯電話の小売価格が9ドルまで下がっている。それを考えると、世界市場はGoogleが手にするだろう。

 こうした要素すべてはGoogleとAndroidプラットフォームにとって、非常に都合のいいことだ。Androidデバイスの増加は、モバイルサービスと広告から売り上げを得る機会の増加を意味する。

 しかし、問題はフラグメンテーションだ。

深刻化の一途を辿るAndroidのフラグメンテーション

 AppleがiPhoneのモデルを慎重に絞り込んで囲いに入れているのに対し、Androidは紛れもない大集団で突き進んでいる。OpenSignalの最新の調査結果によると、現在、1万8000種類以上のAndroidデバイスが流通しているという。

 驚くべきことに、フラグメンテーションはさらに深刻化している。

 どれだけ深刻化しているのだろうか。OpenSignalによれば、Androidのフラグメンテーションはこの1年間だけで約60%拡大しており、2013年に1万1868種類だったAndroidデバイスの機種数が2014年には1万8796種類に増加したという。これを可視化するために、OpenSignalは2013年8月におけるAndroidのフラグメンテーションの状況を分かりやすく示す図を作成した(図D)。

図D
2013年8月におけるAndroidのフラグメンテーションの状況。
2013年8月におけるAndroidのフラグメンテーションの状況。

 2014年8月と比較してみよう(図E)。

図E
2014年8月におけるAndroidのフラグメンテーションの状況。
2014年8月におけるAndroidのフラグメンテーションの状況。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算