編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
米ZDNet編集長Larryの独り言

シスコ、新たな経営陣を発表--新CTOも明らかに

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-05 11:58

 Ciscoの次期最高経営責任者(CEO)であるChuck Robbins氏は、20年にわたりCEOを務めたJohn Chambers氏から同社を引き継ぐにあたり、新しい経営幹部の布陣を発表した。社内の幹部数名が新しい役職に異動し、成長戦略を統括する幹部数名が社外から招聘され、新しい最高技術責任者(CTO)が指名されることになった。

 直近の四半期決算報告を見ると、Robbins氏が幸先の良いスタートを切るための環境は整っているようにみえる。しかし同氏には、共同プレジデントのRob Lloyd氏とGary Moore氏が会社を去る中で、経営の継続性を維持しながら、Ciscoに新風を吹き込むという難題が待ち構えている。

 CTOのPadmasree Warrior氏は同社を去り、M&A戦略を統括していたHilton Romanski氏が新CTOに就任する。ただしWarrior氏は、今後もCiscoのアドバイザーを務める予定だ。

 一方、Ciscoに新しい血を入れる役割を担うのが、成長戦略担当バイスプレジデント(VP)およびチーフオブスタッフに就任するRuba Borno氏だ。電気工学の博士号を持つ同氏は、Boston Consulting Groupで、テクノロジ、メディア、テレコム、人事などを統轄していた。

 その他の布陣は以下のとおり。

  • 最高開発責任者にPankaj Patel氏が留任。引き続き開発、エンジニアリング、テクノロジのポートフォリオを統括する。
  • 最高財務責任者にKelly Kramer氏が留任。同氏はGEの元幹部で、2015年始めにCiscoの同役職に就任した。
  • 執行担当シニアVPに、元最高情報責任者(CIO)のRebecca Jacoby氏。同氏は引き続きCiscoのIT全体を統轄するが、グローバルサプライチェーン、ビジネスサービス、セキュリティ全般も監督する。
  • CIOに、元IT担当シニアVPのGuillermo Diaz氏。同氏は今後Jacoby氏の直属となり、ITアーキテクチャ、技術戦略、サービスを統括する。
  • 最高人事責任者にFrancine Katsoudas氏が留任。同氏は2014年にCiscoの同役職に就任した。
  • 最高マーケティング責任者にKaren Walker氏。同氏は2009年にHPからCiscoに移籍し、Go-To-Market戦略の責任者を務めていた。
  • ワールドワイドセールス担当シニアVPにChris Dedicoat氏。同氏はヨーロッパ、中東、アフリカ、ロシアにおけるセールスを統括していた。
  • サービス担当シニアVPにJoe Cozzolino氏。同氏はCiscoのモバイル製品とビデオハードウェア製品の戦略を統括していた。
  • 相談役にMark Chandler氏が留任。同氏はCiscoの相談役を19年間務めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]