シスコ、「OpenStack」ディストリビューターのPistonを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-04 13:19

 Cisco Systemsは米国時間6月3日、Piston Cloud Computingを買収すると発表した。クラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」のディストリビューションを手がける新興企業だ。

 この買収を発表したブログ記事で、Ciscoのビジネス開発責任者であるHilton Romanski氏は、同社の「インタークラウドという野心的なビジョン」においてPistonが重要な役割を果たすだろうと述べている。

 2014年に立ち上げられたインタークラウド構想は、相互接続されたクラウドネットワークの構築に向けたCiscoの取り組みだ。これは2つのコンポーネントで構成されている。1つは、さまざまなパブリッククラウド間でのワークロードのマイグレーションを可能にする「Cisco Intercloud Fabric」、もう1つは、ワークロードに応じてリソースのプロビジョニングを自動的に行う「Application Centric Infrastructure」(ACI)ソフトウェアだ。

 Pistonの買収によってCiscoは、自社のOpenStackプライベートクラウドに新たなレベルのインフラを追加できるとともに、分散システムや自動配備関連で足回りをより強固にできるようになる。Piston従業員のうち何人がCiscoに移籍するのかは明らかにされていないが、Romanski氏によるとPistonは最終的にCiscoの「Cloud Services」チームに統合されるという。

 Pistonは、米航空宇宙局(NASA)の元職員であるJoshua McKenty氏によって共同設立された。同氏はNASAでOpenStackプロジェクトの立ち上げに重要な役割を果たした人物であるが、Pivotal SoftwareにおけるCloud Foundry担当の最高技術責任者(CTO)として活動するためにPistonを離れている。

 なお、いずれの買収についても金銭的条件は明らかにされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]