編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IoTでは地の利を生かしたエコシステム形成が重要--IDC調査

NO BUDGET

2015-06-11 11:58

 IDC Japanは6月10日、国内IoT(Internet of Things)市場のグローバル主要事業者分析結果を発表した。


国内IoT市場における外資系/日系事業者のビジネス拡大方向性と両者の関係性(IDC提供)

 IDCではIoTを「IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイス(モノ)からなるネットワークのネットワーク」と定義している。

 今回の調査では、国内IoT市場において製品・サービスを提供する外資系事業者にフォーカスした上で、その業績動向、ビジネス戦略、顧客動向、販売戦略、今後の展望などを中心に調査し、それを基に、外資系事業者のIoTへの取り組みについて、特に日系事業者との比較の観点からその類似性と相違性を分析した。

 国内IoT市場が継続的に成長する中、同市場を形成する外資系事業者は「導入産業分野の拡大」「導入目的、導入用途の拡大」「導入機器、導入地域の拡大」という3つの方向性に向かっており、日系事業者との比較の観点からも類似した傾向にあるとみられる。

 その背景として、製造業や運輸業といった長年にわたってIoTに取り組んできている市場がある程度一巡してきていることや、分析技術の高度化に伴ってこれまでは実現が難しかった用途にも採用が広がっていること、デバイス技術の標準化推進やセキュリティ強化に加え、グローバルなIoT基盤が増加していることなどを挙げた。

 国内IoT市場の将来展望としては、各事業者のエコシステムにおいて長年にわたってIoTを利用してきている産業分野の市場が一巡することにより、これまで活用にあまり積極的でなかったロングテールの産業分野における競争が加速すると見込まれ、ビジネスモデルの創造力やその実行力が勝負の鍵を握る大きなポイントとなると考えられる。

 さらに、デバイスコネクティビティに関わるセキュリティへの懸念も徐々に高まるとみられる。この中で、特に外資系事業者は、ビジネスモデルの構築の巧みさ、新しい技術に対する先見性と、その実用化のスピード感、スケールメリットやオープン性を生かしたアプローチ、セキュリティに対する理解と経験の深さなどの面で市場をリードしていくものと見込まれるという。

 同社コミュニケーションズ マーケットアナリストの鳥巣悠太氏は以下のようにコメントしている。

 「国内IoT市場において、外資系事業者がビジネスを展開していく上では、スケーラビリティとローカリゼーションのバランスを加味したビジネス開発や、IoT向けセキュリティの事前組み込みと啓蒙の強化が重要になる。また日系事業者がビジネスを展開していく上では"地の利"を生かしたエコシステム形成や、"Fail Fast"の精神を基軸にビジネスモデルの明確化を進めていくことが肝要になる」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]