編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

既に起こった未来が起点に--IoTが変えるサプライチェーンの可能性

怒賀新也 (編集部)

2015-05-14 07:00

 あらゆるものがインターネットにつながる「Internet of Things」が注目を浴びている。IoTのほかに、Cisco Systemsの「Internet of Everything」、GE Softwareなど米国勢の「Industrial Internet」、独での「Industry 4.0」、Machine to Machine(M2M)と呼ぶこともあるが、概念の方向性は概ね一緒と考えていい。

Mark Morley氏
OpenTextで製造、自動車業界を担当するディレクター、Mark Morley氏

 従来は取れなかったような大量のデータを無数のセンサが取得し、インメモリ技術が従来は難しいとされた分析を可能にするなど、情報システムは新たな局面に差し掛かっているとも言われる。

 特に、産業の中核である製造業に焦点を当てた時、IoTはサプライチェーンをどのように変えるのか。

 IoTを利用した今後のサプライチェーンシステムを提供する米OpenTextで、製造、自動車業界を担当するディレクター、Mark Morley氏に話を聞いた。

在庫が切れる前にコーヒーカプセルを補充

 Morley氏はサプライチェーンの変化を表すキーワードとして、「可視化(Visibility)の広がり」「プロアクティブな補充」「予測ベースのメンテナンス」の3つを挙げる。

 Visibilityの一例がConnected Carだ。自動車の部品につけられたセンサから、走行中の燃費情報を取得。設定よりも燃費効率が落ちた場合などに、その場でスマートフォンやスマートウォッチなどにアラートを出すといった使い方ができる。

 また、プロアクティブな補充の例として、1杯単位で飲むカプセル式のコーヒーメーカーのシナリオに触れた。消費者の自宅などにあるコーヒーメーカー側に設置したセンサにより、コーヒーカプセルの在庫数を把握。

 最適な補充数を分析ソフトウェアが割り出し、それに従い、コーヒーカプセルの在庫が切れる前にサードパーティーロジスティクス(3PL)を経由して補充するというものだ。

コーヒーカプセルの在庫が切れる前に3PL経由で補充するシナリオ
コーヒーカプセルの在庫が切れる前に3PL経由で補充するシナリオ

 予測ベースのメンテナンスのケースとして、自動車部品の水圧計につけたセンサが、水圧の異常を検知。その情報が自動的に自動車メーカーやディーラーに届けられ、メーカーが所有者に修理や部品交換を提案するという使い方を紹介した。

早まるトランザクションの起点

 「IoTのような新たな技術が“第4次産業革命”をもたらす」と話すMorley氏。センサをベースに構築する新たなサプライチェーンシステムにおいて、従来と根本的に違ってきそうなのは、トランザクションの起点が「まだ人は認識していないが、既に起こっている未来」になることだと言える。

 従来は、コーヒーカプセルの補充担当者が気づいた時点が最短の起点だった。自動車の修理に関しては、多くのケースで故障が先に起き、そこが起点となってようやく修理のプロセスが開始するため、場合によってはここに、生命にかかわるリスクも存在する。

 このように、サプライチェーンの起点が、従来よりも時間軸において前に移ろうとしている。ただし、それを支える技術はセンサだけではない。センサから集めたデータを分析する技術も進歩している。

 設備の潜在的欠陥の発見や、アプリやサービスの実際の消費量を自動計測してすばやく状況を把握するなど、より早い段階で、サプライチェーンのトランザクションが開始するようになると考えられる。

「ドローン船」が物流を変えるか

 OpenTextは1月、分析ソフトウェアとして知られるActuateを買収した。もともと持っていた企業情報管理(EIM)に加え、2014年1月に傘下に収めた企業向けEDIを提供するGXSのソフトウェア、Actuateの分析ソフトウェアを組み合わせたサービスを展開していく。

 Morley氏はそのほか、物流が変化する可能性として、「ドローン」のように運用される貨物輸送船や金属を素材にできる3Dプリンタなどにも触れた。

 もし、最小限の人員で、従来の数倍、数十倍という貨物を運べるようになるとすると、物流面で従来のボトルネックが解消する可能性も出てくる。こうした技術も、製造業のサプライチェーンの在り方を大きく変える可能性を秘めている。

人が乗っているのは最前列の船のみで、残りは自動運転だという
人が乗っているのは最前列の船のみで、残りは自動運転だという

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]