編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
モノのインターネットの衝撃

IoTで港の海洋状態を監視--船舶の通行を効率化

山田竜司 (編集部)

2015-07-03 07:30

 ブラジルのAcu港ではInternet of Things(IoT)により海洋の状態を監視し、安全性と効率性を最適化している。ジェムアルトが6月25日(現地時間)に発表した。

 ガソリン業界の戦略的拠点であるブラジルのリオデジャネイロ州Acu港に導入されたリアルタイムの気象、海洋情報システム「SISMO」は、大手の海洋コンサルティング企業のHidroMaresが開発したサービス。波や潮流、水深、水温、塩分濃度を監視し、運航の安全性を高め、船舶の通行を効率化し、港湾の生産性を向上させているという。

 SISMOの遠隔測定システムは、遠隔測定技術を提供するDuodigitのモデムを活用し、港にある浮標、埠頭や海底に設置されたセンサからさまざまな海洋データを収集する。

 このモデムは、Javaを搭載するジェムアルトのM2Mモジュールを用いており、無線ネットワークを介してデータを処理、送信し、インターネット経由でバックエンドサーバに接続する。港湾の労働者らはセキュアにシステムにログインし、データを活用することで、リアルタイムの意思決定が可能となるという。

 ジェムアルトは、サプライチェーンや物流の最適化と流通システムの生産性向上により、さらに船舶などの燃費が向上し、環境保全や、港湾物流効率化を高めることができるとアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]