編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグルがOpenStackのスポンサーに--コンテナ技術の統合を推進へ

CNET Japan Staff

2015-07-17 11:29

 オープンソースのクラウド基盤技術「OpenStack」の開発母体である非営利団体OpenStack Foundationは米国時間7月16日、Googleが企業スポンサーとして参加することを発表した。「Kubernetes」などのコンテナ管理技術の統合などの取り組みを行い、ハイブリッドクラウドのトレンドを加速させる。

 OpenStackはRackspaceと米航空宇宙局(NASA)がスタートしたオープンソースのIaaS構築のための基盤技術。取り組みの母体組織となるOpenStack Foundationは2012年に設立され、世界150以上の国から500社近い企業、2万3000人以上の個人が支援しているという。

 OpenStack Foundationのスポンサーは年50万ドル以上を出資するプラチナを最上位に、ゴールド、企業スポンサーの3種類に分かれており、Googleは企業スポンサーとして出資する。企業スポンサーはスタートアップの場合年1万ドル、既存企業は年2万5000ドルを支払うことになっている。

 Googleは2015年初から、OpenStackアプリケーションのカタログ「Murano」、コンテナ技術をサービスとして提供する「Magnum」といったOpenStackのプロジェクトに参加しており、自社が開発したコンテナアプリケーション管理のKubernetesをオープンソースとして公開している。今回OpenStack Foundationの企業スポンサーとなることでOpenStackにおける取り組みを拡大し、Kubernetesの統合を進めるとしている。

 Googleは自社ブログで、ハイブリッドクラウドとコンテナを2大トレンドと位置づけ、OpenStack Foundationに参加することで「コンテナネイティブのパターンがエンタープライズ向けの開発者にとって選択肢の1つとなること、パブリッククラウドとプライベートクラウドの相互運用性を改善することを期待する」と述べている。

 Googleは先に、OpenStackベンダーのMirantisとKubernetesのOpenStack統合計画を明らかにしていた

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]