グーグル、コンテナ管理技術「Kubernetes」のバージョン1.0をリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年07月22日 10時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オレゴン州ポートランド発--Googleは米国時間7月21日、OSCONでオープンソースのコンテナ展開・管理ツールである「Kubernetes」のバージョン1.0をリリースすることを発表した。これは、本番環境での一般的な利用が可能になることを意味する。

 読者の多くはKubernetesを知らないだろうが、知らないうちにこの技術を日常的に使っている可能性が高い。Googleのプログラムを実行すると(検索、「Gmail」、「Docs」など)、そのプログラムはGoogle独自のコンテナ技術である「lmctfy」(Let Me Contain That For You)を使って実行される。その何十億ものコンテナを作成し、管理しているプログラムがKubernetesだ。

 それを考えれば、本番環境で利用できる準備が整っていると聞かされても違和感はない。しかし、GoogleはKubernetesが同社の「Linux」を使用したデータセンター以外の、ほかのプラットフォーム、ほかのクラウドプラットフォーム、あるいはほかのOSでも利用できるようにすることを望んでいた。

 GoogleはOpenStack Foundationに参加したが、その主な目的はKubernetesを「Magnum」を通じて「OpenStack」のプロジェクトで利用できるようにすることだった。MagnumはKubernetesとOpenStackを統合するものだ。

 2014年に、GoogleはKubernetesと「Azure」を統合するため、Microsoftとパートナーシップを結んだ。また2015年には、Mesosphereの「Datacenter Operationg System」(DCOS)でKubernetesを使えるようにするため、同社と協力関係を結んでいる。DCOSは、オープンソースのクラスタマネージャ「Apache Mesos」をベースにしており、DockerコンテナのDCOSでの利用を楽にしてくれる。

 お分かりだろうか。コンテナやクラウドの奥義に注意を払っている人だけが知る世界で、Kubernetesはすでに事実上あらゆるクラウドで利用できるようになっているのだ。ただし、「Amazon Web Services」だけはその大きな例外だ。Amazonは「Amazon EC2 Container Services」(ECS)でKubernetesと争う構えを見せている。

 KubernetesはGoogleだけのプロジェクトではない。KubernetesはGoogleのオープンソースプロジェクトの中で、もっとも人気があり成功しているプロジェクトの1つだ。現時点で、Kubernetesには400を超えるコントリビュータから1万4000件のコミットがある。これらのコードの修正は、Red Hat、CoreOS、IBM、Intel、Microsoft、VMwareの開発者を始めとする多くの開発者によるものだ。それに加え、Kubernetesはすでに、Box、eBay、Shippableなどの大手企業の本番環境で利用されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算