編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

Windows 10の新オプション「Windows Update for Business」--現状と今後の展開は?

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-08-28 06:45

 「Windows 10」のリリースを数カ月後に控えた2015年5月、Microsoftは、Windows 10でサービスとアップデートプロセスの管理機能をITプロフェッショナルに提供するという大きな計画があることを発表した。

 そのプラン「Windows Update for Business」は、Microsoftが頻繁にリリースするフィックス、セキュリティアップデート、新機能をWindows 10ユーザーに提供する方法と時期について、ビジネスユーザーにこれまでより大きな権限を与えるというものだった。

 筆者は米国時間7月29日以降、Windows Update for Businessの利用方法について、かなり多くのITプロフェッショナルから質問を受けている。これは申し込む必要があるプログラムだったのか。それとも、サービスブランチの「Current Branch for Business」と「Long Term Servicing Branch」を表す総称でしかなかったのか。

 その質問に対する答えは複雑だ。

 Windows Update for Businessはどうやって入手すればいいのかと尋ねたところ、Microsoftの広報担当者から、以下のような公式の回答(ではない)が返ってきた。

組織向けには、自社ネットワークドメイン上へのダウンロードの管理と制御が可能になるほか、Windows 10をインストールするかどうかと、その時期について決定できるようにするツールがあり、ITプロフェッショナルはこれを利用することができる。このアプローチは業界の慣行であり、顧客がアップグレードのインストールを決めた場合、ソフトウェアを段階的に導入して、インストールにかかる時間を短縮し、端末の準備が整っていること(たとえば、ディスプレイモニタを正常に動作させるのに必要なグラフィックスドライバを備えていること)を確認するものだ。
figure_1

 本当の答えが知りたい人は、Microsoft Virtual Academy(MVA)の最新プレゼンテーション「Preparing Your Enterprise for Windows 10 as a Service」(企業におけるWindows 10 as a Serviceのための準備)を見てほしい。Microsoftはこのプレゼンテーションを8月19日に公開した(最も関連性の高い情報は、「Staying Current with Windows as a Service」(Windows as a Serviceを最新の状態に保つ)と題された動画とスライドにある。その一部を本記事に掲載した)。

 簡単にまとめると、こういうことだ。Windows 10には複数のサービス「ブランチ」、すなわち「Current Branch」(CB)、Current Branch for Business(CBB)、Long Term Servicing Branch(LTSB)などがある。MicrosoftはWindows 10の各フィックスとパッチのテスターとして、自社の従業員、600万人の「Windows Insider」テスター、Current Branchを使用するユーザーの力を借りている。

 これまで明らかにされていなかったことだが、CBBを利用するビジネスユーザーは、フィックスや新機能の展開を12カ月遅らせることができる(Microsoftの過去のプレゼンテーションから、猶予期間は8カ月だと考えられていた)。この12カ月という期間には、新しいアップデートがCBに提供されてからCBBで利用可能になるまでの4カ月と、その後の8カ月が含まれる。

figure_2

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]