編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

開発者がオンラインサービスでやりがちなセキュリティ上の3つの失敗 - (page 3)

Paco Hope (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-09-11 06:15

主導するか従うか、2つに1つだ

 IT部門のセキュリティチームは、ソフトウェア開発者が必要とするものを理解したうえで、望ましい結果を達成するためのセキュアな方法を提供する必要がある。クラウドサービスは速度とアクセシビリティ、柔軟性を提供する。また、あるオンラインサービスが広く普及している場合、そこには何らかの理由があるはずだ。セキュリティ担当者のなかには、クラウドサービスへのアクセスを直感的に避けようとする人もいる。その結果、ネットワークレベルでのブロックや、使用を禁止するポリシーが採用される場合もあるかもしれない。しかし、使用禁止は開発の足を引っ張る結果となるため、たいていの場合は優れた判断になり得ない。

 他に考えられる対応として、妥当なものが2つある。1つ目は、企業のIT部門が等価でよりセキュアなサービス(例えば、権限を有する開発者だけがアクセスできるようなホスティングサービスなど)を提供することだ。そして2つ目は、オンラインサービスの管理方法を身に付け、企業ITに組み込むことだ。

 機能が豊富で、容易に使用でき、サポートが充実しているシステムを提供できるIT部門はさほど多くないはずだ。このため、そのようなレベルに到達できないのであれば、オンラインサービスを受け入れ、セキュアに使用する方法を身に付けるしかない。

 開発者によるオンラインサービスの使用方法をIT部門のセキュリティ担当者が学習し、管理するようになれば、企業はそれぞれの環境が持つ優れた点を手にできるようになる。つまり、開発者はセキュリティポリシーに準拠しながら、最新のツールを使って迅速に開発を推進できるのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]