編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

SAPのCEO、左目を失明--CEOとしての職は継続へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-18 12:07

 SAPの最高経営責任者(CEO)Bill McDermott氏が、7月に階段から転落する事故に遭い、左目を失明したことを明らかにした。CEOの座にはとどまるという。

 ドイツの経済誌WirtschaftsWocheによると、McDermott氏は7月、米国滞在中に、水の入ったグラスを持ったまま階段から転落したという。

 McDermott氏は同誌の取材に対し、SAPのCEOを続けられる強い自信があると述べている。

 その一方で、SAPの役員会は詳細を明らかにしていないものの、後継者の検討をしていたも、同誌には書かれている。

 McDermott氏は10月には飛行機での移動が可能になり、同月の初めにはドイツのヴァルドルフにあるSAP本社に戻る予定だ。

 SAPの会長であるHasso Plattner氏は同誌に対して、McDermott氏は重傷を負い、「出血多量で死ぬ寸前であった」と語っている。

 McDermott氏は事故の詳細をFacebookでも明かしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]