編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

シスコ、業界別IoTソリューションを発表--ロボットのリアルタイム監視など

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 編集部

2015-10-07 10:23

 Cisco Systemsは米国時間10月5日、カリフォルニア州サンノゼ本社で開催したイベント「2015 Global Editors Conference」で、製造業と石油/ガス業界、電力業界、運輸業界におけるIoTソリューションとその事例を発表した。自動車製造工場向けのロボット監視プロジェクトでは、ダウンタイムの削減に寄与した結果、6カ月間で3800万ドルのコスト削減につながったという。

 Ciscoは産業用ロボットを製造しているファナックと協力し、工場内でのロボットの稼働状況を監視し、ロボットが故障しそうなタイミングをそのデータから事前に予測してダウンタイムをゼロにするという「ゼロダウンタイム機能」(ZDT)を実現した。

 この機能がない頃は、ロボットの診断データに対するリアルタイムでの遠隔アクセスが行えなかったため、その稼働状況を監視することができなかった。そしてロボットの故障によって1分当たり1万6000ドルの損失が発生する可能性もあった。

 ロボットの稼働状況を監視できれば、自動車工場はダウンタイムを考慮することなくその生産能力をあますところなく発揮できる。FANUC Americaのロボット運用部門担当バイスプレジデントのAndy Denny氏は同イベントで、「これにより、故障が発生する数週間前にその事象を予測できるようになる」と語った。

 このシステムは現在、1800台の製造ロボット上で稼働しており、2015年末までにその規模を2500台に拡大する予定だ。

 またCiscoは、変電所向けのセキュリティシステムと、運輸システムのネットワークアーキテクチャも披露した。同社によると運輸システムの初の事例は、オーストリアのリンツを走るトラムの運行状況の効率化になるという。


センサからのデータストリームは、工場におけるダウンタイムを回避するのに役立つことになる
提供:Cisco

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]