編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグル、「Google for Work」のアイデンティティサービスを強化

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-15 12:09

 クラウドサービスの強化に余念がないGoogleは今週、新たに幾つかの重要な発表を行った。

 まず、Google for Workのアイデンティティサービスを強化するため、サポート対象となるOIDC(OpenID Connect)プロバイダが拡充され、SAML 2.0(Security Assertion Markup Language 2.0)対応SaaSプロバイダ15社のサポートが追加された。OIDCとSAML 2.0は、アイデンティティ管理を強化および効率化するとともに、PCやモバイル端末上で各種アプリやクラウドサービスへのシングルサインオンを実現するための技術である。Google for Workで新たにサポートされるSAML 2.0対応SaaSプロバイダには、Dropbox、Salesforce.com、Workday、Zendeskなどがある。

 Google Apps for Work担当プロダクトマネージャーのShashank Gupta氏は公式ブログで、「アイデンティティをクラウドで集中管理するサービスへの需要は高まっており、従業員が各種サービスにサインインする際の利便性を向上させるGoogleのアイデンティティサービスは、Netflixを始めとする数多くの顧客企業で導入されている」と述べている。

 一方、現地時間10月13日にパリで開催された Google Cloud Platform開発者向けイベント「Google Next」では、スマートアプリケーションの開発を促進するサービスか発表された。中でも注目に値するのは、Cloud Platformの生データに対するデータ探索、意味抽出、可視化をインタラクティブに行えるウェブベースのツール「Google Cloud Datalab」である。開発者はCloud Datalabを使用して、Python、SQL、JavaScriptなどで書かれたコードを組み合わせてデータサイエンスプロジェクトを構築およびテストし、完成したプロジェクトをGoogleのデータ分析サービス「BigQuery」に導入できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]