海外コメンタリー

マイクロソフト、「プライバシーに関する声明」を改訂、批判に対応

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年11月20日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは先週「Windows 10」のバージョン1511をリリースしたが、それに先駆けて、同社の「プライバシーに関する声明」を密やかに改訂していた。

 現バージョンの声明は、最終更新が「2015年10月」となっている。アーカイブされたページを調べたところでは、この改訂版がウェブサイトに掲載されたのは10月半ばだ。10月版の声明を、以前の2015年7月版の声明と詳細に比較すると、いくつかの変更点に加え、注目に値する項目が追加されていることが明らかになった。

 一部の改訂点は普段通りのもので、各種サービスに関する変更(例えば「Xbox Music」から「Groove」への名称変更や、一部のMSNアプリの廃止など)を反映したものだ。また、少なくとも1カ所のスペルミス修正と、いくつかの単純な表現の変更も行われている。

 それに加え今回の声明には、個人用Microsoftアカウントと、組織がサービスへのアクセスを制御可能で、独自のルールを設定できる「会社や学校」のMicrosoftアカウントとの差異について説明するセクションがいくつか含まれている。

 しかし、今回のプライバシーに関する声明に追加されたその他のいくつかのセクションは、明らかに、同社がユーザーを「スパイ」しているという批判に応えるものだ。

 新しい声明は、当然ながら従来のものよりもさらに長くなっている。以下は主要な変更点のまとめだ。

コンテンツ

 コンテンツのセクションには、個人情報を収集するのは、ユーザーが要求したオンラインサービスを提供するのに必要な場合だけであることを強調する例が追加されている。


「例えば、ユーザがOutlook.comを用いてメールを受信するなら、弊社は、それを受信箱に配信して表示し、ユーザが返信でき、削除を選択するまで保管するため、メール内容を収集する必要があります」などの文言が追加されている。

デバイス暗号化

 Microsoftが自動的に「BitLocker」の暗号キーを「OneDrive」にバックアップして、個人のデバイスでのリカバリを可能にしていることに対する批判も出ていた。今回の声明では、次の文章が追加されている。「Microsoftは、ユーザ個人のリカバリキーをいかなる目的にも使用しません」。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算