編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

いまだレガシーアプリケーションから脱却できず--米政府機関の実態が明らかに

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-26 11:05

 米政府機関の大半が1960年代から1990年代に導入されたレガシーアプリケーションで業務を遂行しているという、憂慮すべき実態が明らかとなった。MeriTalkがAccenture Federal Servicesと共同で、米国の政府機関で働くIT管理者150名を対象にアンケート調査を実施した。

 また、DatacenterDynamicsの報告によると、先ごろ実施された監査の結果、政府機関で運用されているデータセンターは最大で1万1500件に達することが判明したが、これは当初の予測を2000件も上回っており、しかも正確な件数は未だに不明のままだ。政府は数年前、データセンターの統廃合を進めて現在の半数に集約すると大々的に宣言し、クラウド移行を最優先課題とする方針を打ち立て、セキュリティ標準「FedRAMP」を策定したが、混沌(こんとん)とした状況が解消される気配はない。

 前述のアンケート調査によると、政府機関で働くIT管理者の92%は、レガシーアプリケーションの近代化が喫緊の課題だと回答している。

 レガシーアプリケーションについて、今日の業務ニーズに対応できると回答したIT管理者は48%、今後5年間の職務遂行に耐えうると回答した者はさらに少数の32%に留まる中、近い将来に主要業務を脅かすと回答した者は62%に達した。近代化しない場合に懸念されることは、セキュリティ侵害の懸念が52%、作業効率の低下が47%、ダウンタイム増加とサービス障害が40%だった。

 しかし、IT管理者達がこれほどの危機感を抱いているにもかかわらず、政府機関はシステム近代化をさまざまな理由で先延ばしにしており、近代化戦略を正式に策定している政府機関は半数程度の53%に過ぎず、システム刷新についてベンダーと実際に交渉した政府機関はわずか28%に留まっている。

 事態は絶望的に見えるが、希望が完全に失われたわけではない。調査に回答したIT管理者達は、プラットフォーム移行(72%)、アーキテクチャ主導の近代化(69%)、アプリケーション延命処置(65%)などの対策を適切に実施することで、レガシーアプリケーションの55%前後は十分な近代化が可能だと予測している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]