編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

AWS、「スケジュールドリザーブドインスタンス」を発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-15 10:14

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間1月13日、リザーブドインスタンスの新たなオプションとして、ミッションクリティカルなワークロードのインスタンスを予約しておける「スケジュールドリザーブドインスタンス」の提供を米国など一部のリージョンで開始したと発表した。

 スケジュールドリザーブドインスタンスを利用することで、日次や週次、月次で繰り返し発生するキャパシティを1年間にわたって確保できるようになる。

 AWSのチーフエバンジェリストを務めるJeff Barr氏によると、このモデルではオンデマンドでのサービス利用に比べると5~10%低価格になる可能性があるという。

 Barr氏はスケジュールドインスタンスの活用例として、運送会社が毎週月曜と水曜、金曜の朝に配送経路や積荷の最適化を計算する場合から、アニメーションスタジオが毎晩夜間処理で、CPUリソースを大量に消費する3Dレンダリングを行う場合まで、複数のケースを挙げている。

 Barr氏はブログに「各スケジュールドリザーブドインスタンスは、購入時に指定したスケジュールに基づいてアクティブになる」と記している。

 なお、以前から提供されている「リザーブドインスタンス」は今後、「スタンダードリザーブドインスタンス」という名称で呼ばれることになる。これは1年間もしくは3年間という期間で、「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」のキャパシティを予約できるというサービスだ。

 スケジュールドリザーブドインスタンスは、「AWS Command Line Interface(CLI)」や「AWS Tools for Windows PowerShell」「RunScheduledInstances」関数からも起動できる。同社は「Auto Scaling」や「AWS Lambda」「AWS CloudFormation」でのサポートも予定しているという。

AWSはミッションクリティカルなワークロードのインスタンスを予約しておける「スケジュールドリザーブドインスタンス」の提供を開始した

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]