MS、「Skype」と「Slack」の連携機能をプレビュー版として公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-01-15 11:32

 Microsoftは米国時間1月14日、「Skype」を「Slack」と連携させる機能をプレビュー版としてリリースした。

 このプレビュー版では、Slackを利用しているチームがSlack内からSkypeで音声通話やビデオ通話を実行できる。

 Slackは、チーム用のインスタントメッセージング/コラボレーションプラットフォームだ。

 連携について発表したMicrosoftのブログ投稿によると、Slackのチームに属するメンバーがPCからSlackのチャット欄に「/skype」と入力すると、他のメンバーがウェブ、「Windows」「OS X」「iOS」「Android」のどれでSlackを利用していても、Skype通話を開始できるようになるという。

 Skype通話に参加するには、PCやウェブブラウザにSkypeをインストールするか、あるいは各種モバイルアプリの形でSkypeをインストールしておく必要がある。Skypeのアカウントは不要で、ユーザーはゲストとして参加できる。

 SkypeとSlackの連携機能を紹介するページに詳しい情報が掲載されている。

 広報担当者によると、今回リリースされたSkypeとSlackの連携機能は世界中で利用できるという。Microsoftは、連携機能がいつ「最終版」と呼ばれるのかについてはコメントしていない。MicrosoftがSkypeと法人向けSlackの連携機能をリリースするのかどうか、リリースするとしたらいつになるのかも明らかになっていないが、今後もユーザーのニーズをチェックしていくと広報担当者は述べている。

 紹介ページに小さな文字で書かれている次の但し書きについて注意しておいたほうがいいだろう。

 「グループ通話には通常のSkypeと同じ利用制限が適用される。グループビデオ通話の参加者は10人まで、グループ音声通話の参加者は25人までとなる。制限人数に達した場合、新しい参加者は追加できない。ゲスト参加は現在、ウェブのみに対応している。モバイルでのゲスト参加についても間もなく対応を開始する予定だ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]