編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

クラウドセキュリティ市場、2022年までに120億ドル規模に?--成長の原動力は

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 編集部

2016-01-21 06:30

 Transparency Market Research(TMR)が実施した調査によると、世界のクラウドセキュリティ市場は2022年までに118億ドル規模にまで成長する見込みだという。比較のために述べておくと、TMRは2014年の同市場の規模を45億ドルと評価している。

 「Cloud Security Market - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends and Forecast 2014-2022」(クラウドセキュリティ市場--世界規模での業界分析と規模、シェア、成長、トレンド、並びに2014~2022年の予測)と題されたこの調査報告書に記された予測によると、クラウドセキュリティ業界は2015~2022年に年平均成長率(CAGR)で12.8%の成長を見るという。

 同報告書では、こういった成長を支える複数の原動力が存在しており、それらはモバイルと中小企業、セキュリティソフトウェアという3つのカテゴリに分類できるとしている。

モバイル

 すべてはモバイルに端を発する。スマートフォンは企業内の至るところで利用されており、当初は企業として使用を認めていなかったモバイル機器も、BYODという流れに乗って次第に職場へと浸透してきている。

 BYODというトレンドの興隆により、従業員が自らの望むやり方で作業できるようになるとともに、従業員にモバイル機器を支給する必要がないがゆえに経費の節減につながるといったメリットが生み出される。その一方で、リスクも当然ながら生み出される。

 従業員が自らのモバイル機器を用いて企業のSaaS製品やクラウドストレージアカウントにアクセスするようになると、企業のデータがリスクにさらされる可能性も出てくる。このため、BYODポリシーを定めている企業の多くはエンタープライズモバイル管理(EMM)やモバイル機器管理(MDM)といったセキュリティソリューションに目を向けている。

 また、業務で使用するモバイル機器を選択できるCYOD(Choose Your Own Device)というトレンドによって、企業は従業員の使用する機種を限定し、セキュリティの向上につなげることができる。しかし、機種それぞれには固有の注意すべき点があるため、企業はそれらの違いによってもたらされる潜在的なリスクを低減できるようなセキュリティツールに投資する必要がある。

中小企業

 TMRによるとクラウドセキュリティ市場の成長を支える2つ目の原動力は、中小企業におけるクラウド利用の全般的な普及だという。クラウドベースのツールやサービスにより、多くの中小企業ではあまり必要としていない機能まで搭載された高価なソリューションを社内に導入することなく、リーンなソリューションを利用できるようになる。

TMRが実施した調査によると、世界のクラウドセキュリティ市場は2022年までに118億ドル規模に成長する見込みだという。
提供:iStockphoto/Jirsak

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]