編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

GMOグループのサービスが24時間停止--データセンター内の電源設備に故障

ZDNet Japan Staff

2016-01-18 16:23

 GMOインターネットグループは1月17日、1月16日の14時15分ごろから、1月17日の14時25分まで同社の複数サービスでウェブに接続できない障害が発生し、サービスが停止したことを公表、謝罪した。データセンター内の電源設備の一部に故障があったという。

 具体的な事象とし「対象サービスのウェブサイトが表示されない」「ログインできない」「一部メールが受信できない」などが起こっていた。

 原因はデータセンター内の電源設備の一部に故障があったためとのこと。再発防止策として、(1)故障した電源設備を利用するサーバを別の電源設備へ切り替えること、(2)電源設備の修理、(3)通電後のサーバ機器などの稼働点検の3点を挙げた。

 また、データセンターで使用している全ての機器を再点検、部品の交換や体制強化を講じるとしている。

1月18日、17時50分追記

 ウェブサイトが表示されないのは「GMO各サービスのウェブサイト」であり、サーバなどを利用していたユーザーのサイトが表示されなかったのではないという。また、「お名前comクラウド」「ConoHa byGMO」について、ユーザーがサービスにログインできない状況になっていた。通常の処理は実施できたが、各種設定の変更などはできなくなっていたと考えられる。だが、同社が定めるサービスレベル合意書(Service Level Agreement:SLA)では、ログイン障害はSLA規約におけるシステムのダウンタイムに含めないことになっているため、SLA保証義務の違反には当たらないと認識しているという。

影響が出たのは下記のサービス

  • お名前.com
  • かんたんサーバー
  • レンサバ.com
  • InterQ Office
  • e革命
  • GMOアプリクラウド
  • ConoHa byGMO
  • まるごとserver
  • GMOとくとくBB
  • ZERO
  • nterQ MEMBERS
  • BEKKOAME//INTERNET
  • 3WEB

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]