編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

長野中央病院、システム基盤の仮想化が完了--画像参照を高速化

山田竜司 (編集部)

2016-01-21 07:30

 長野中央病院は2015年10月から、ファイル共有やグループウェア、給与、勤怠管理など“情報系”分野のシステムを仮想化し、基幹系と情報系のほとんどの院内システムを仮想化基盤で構築している。システムの導入を担当したユニアデックスが1月20日に発表した。

 病院では、院内システムの可用性や業務効率を向上させるため、院内システム基盤の仮想化を検討しており、2011年に情報系システム基盤の一部を仮想化し、運用ノウハウを蓄積していった。

 サーバの仮想化や集約化によるネットワークの帯域不足解消と、今後のシステムの拡張性や運用の容易性向上の観点から、2013年に基幹系の電子カルテシステムの更改に伴い、仮想化基盤として、サーバ製品「Cisco UCS」とスイッチ「Cisco Nexus」の採用を決定した。

 その後、2014年に医用画像システム(PACS)を仮想化し、今回の情報系システムの仮想化基盤の本番稼働によりサーバ 「UCS」とスイッチ「Nexus」を一貫したプロダクト環境で構築。院内システムの可用性向上に加え、ファイルサーバの医用画像データ参照が大幅に高速化したと説明している。


長野中央病院の仮想化基盤 システム構成図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]