編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS、「Windows 7/8.1」を動作保証する「Skylake」デバイスリストを新たに発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-25 11:38

 Microsoftは米国時間1月15日午後、Windowsサポートポリシーの変更に関して重大な発表を行った。企業ユーザーの「Windows 10」アップグレードや新規のPC購入計画に影響を及ぼす可能性のあるものだ。

 そして1月22日、Microsoftは15日の発表を補完するものとして、MicrosoftとOEMが2017年7月まで「Windows 7」と「Windows 8.1」の動作を保証する「Skylake」搭載PCのリストを公開した。

 Microsoftは2017年までサポートする8機種のSkylake搭載PCを発表していた。そして今回、このリストに100機種以上のデバイスを追加した。

 背景として、1月15日の発表まで企業ユーザーは、Intelの6世代目のCoreプロセッサSkylakeを搭載したPCを購入し、必要であればWindows 7または8.1にダウングレードしてMicrosoftのサポートを受けることができると考えていた。だが1月15日の発表でMicrosoftはサポート保証を変更した。ユーザーが古いプロセッサ(Intelの「Haswell」など)で動かしている場合は当初約束していた通りのサポートポリシーが適用されるが、互換性/テスト/予算などの理由からSkylakeやそれ以降のプロセッサでWindows 7/8.1を動かしたい場合はサポート期間が短くなるというものだ。

 主要なポイントは、2017年7月17日まで「サポート」リストにある一部のSkylakeデバイスのみがサポートされるという部分だ。そしてこれは橋渡しにすぎない。その後Windows 10に移行せよ、というのがMicrosoftのガイダンスだ。

 今回のリストではDellHewlett-Packard(HP)LenovoNECのPCが加わっている。Microsoftによると、新しい機種がリリースされる都度、サポート対象デバイスのリストを更新するという。

 Microsoftに今回の変更について、(Windows 8.1の延長サポートが終了する)2023年以降はダウングレード権を提供しないつもりかどうかMicrosoftに聞いてみた。MicrosoftのブログではSkylakeと将来の世代のシリコンのみに触れていたが、それ以上のことは書かれていなかった。これはノーコメントの意味だろうと見ている。

 多数の読者の質問を受けて、Skylakeおよび最新のPC上で動く仮想マシンのWindows 7/8.1についてはどうなるのか、今回の変更が意味することは何かをMicrosoftに聞いてみた。以下がMicrosoftの回答だ。

 ユーザーは動かすことができるが、Windows 7は約10年前、つまりx86/x64 SoC(システム・オン・チップ)が存在するより前に設計されたものだ。Windows 7がモダンなシリコンで動くためには、デバイスドライバとファームウェアで割込み処理、バスサポート、電力状態などのWindows 7の想定環境をエミュレーションする必要がでてくる。これはWiFi、グラフィックス、セキュリティなどで問題が生じる。パートナーがレガシーのドライバ、サービス、ファームウェアの設定にカスタマイズを加えると、顧客はWindows 7で提供中のサービスで不具合が生じる可能性がある。

 (つまり、イエスだが推奨しないということだろう。)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]