編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

エクイニクス、「大江戸コネクト」を旧ビットアイルのデータセンターにも接続

NO BUDGET

2016-01-28 07:30

 エクイニクス・ジャパンは1月26日、2014年2月より提供しているエクイニクスの東京都内4カ所のIBXデータセンターをつなぐメトロコネクトサービス「大江戸コネクト」が、ビットアイル・エクイニクス(旧ビットアイル)が提供する5ヵ所の都内データセンターにも接続されたと発表した。

 大江戸コネクトは、エクイニクスの都内データセンターをダークファイバーでシームレスにつなぐサービス。これまで、TY1からTY4の都内4カ所のデータセンターで利用可能だった。今回、新たに「大江戸コネクト 2.0」として、2015年末にエクイニクスグループ入りしたビットアイル・エクイニクスの5カ所のデータセンター(TY6からTY10)にもネットワークを拡張、接続料金は変わらず、9カ所のどのセンター間も1Gおよび10Gの回線で接続することが可能となった。

 これにより、エクイニクスの東京データセンターを利用するユーザーはエクイニクスグループのIBXデータセンター間も、データセンター内と同等のコストで接続することが可能となるという。またビットアイル・エクイニクスのデータセンターを利用するユーザーも、エクイニクスに集結する60社以上のネットワークプロバイダーへの接続が可能になるほか、Equinix Cloud Exchangeへのアクセスが、どのセンターからも同一料金で利用可能となる。

 エクイニクスのIBXデータセンターにすでに形成されているネットワークエコシステム、金融エコシステム、クラウドエコシステムも、ビットアイル・エクイニクスのデータセンターへと拡大されるとした。

 また、2016年初旬には都内にエクイニクスTY5データセンターがオープンする予定とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]