編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

CTCがマイクロソフトのパートナープログラムに参加--Office365を中心に

NO BUDGET

2016-02-01 18:49

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2月1日、日本マイクロソフトのクラウドサービスを販売するパートナープログラム「Cloud Solution Providerプログラム」において、企業に直接マイクロソフトのサービスを提供できる「1-Tierパートナー」として参加すると発表した。「Office 365」を中心に導入アセスメントから設定、構築、保守・運用を含めたトータルなサービスを同日から開始する。

 組織内のコミュニケーション環境の向上やスマートデバイスの活用による社員の働き方の変革を検討している企業を中心に提供する。3年間で10億円の売り上げを目指す。

 導入アセスメントでは、活用したい情報や期待する機能などのアンケートを実施し、ユーザーの要望に応じた改善策、Office 365を含めた各種の情報共有サービスの導入効果を提示する。運用サービスに関しては、既に数千ユーザーに上るOffice 365の運用サービス実績を持つグループ会社で、システムの運用を担うCTCシステムマネジメントが担当する。

 CTCはマイクロソフト製品を使用したメールシステムや企業情報ポータルについて、数万ユーザーにおよぶオンプレミス型での大規模な構築や、企業情報ポータルのクラウドサービス「cloudage portal」の提供の実績があり、シングルサインオンや営業支援ツールとの連携もサポートする。

 また今後、セキュリティやネットワークなどのサービスのメニュー化や、Microsoft Azure向けのサービスも拡充していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]