編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ミランティス、OpenStack「Liberty」の商用ディストロをリリース

ZDNet Japan Staff

2016-03-02 10:05

 ミランティス・ジャパンは3月1日、OpenStackの最新バージョン「Liberty」の商用ディストリビューション「Mirantis OpenStack 8.0」をリリースした。新たに、対象ホストに「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」のKVMのオーケストレーションを標準サポートする。従来版ではRHEL KVMの展開には追加費用が必要だった。

 Mirantis OpenStack 8.0は、OpenStackの12番目となるLiberty(2015年10月リリース)ベースのディストリビューション。UbuntuのKVM、VMware vCenterに加えて、RHELのKVMホストのオーケストレーションに標準で対応した。また、新たにOpenStackのベアメタルプロビジョニングプロジェクトである「Ironic」を採用。OpenStack上の対象ホストとしてベアメタルも選択できるようになった。

 Mirantis OpenStackの特徴的なコンポーネントは、OpenStackインストーラ「Fuel」だ(FuelプロジェクトはMirantisが立ち上げている)。新版では、Fuelのコンポーネントレジストリが強化され、どのOpenStackコンポーネントが相互運用可能であるかが、視覚的に把握できるように改良されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]