編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ブイキューブ、金融機関やFinTech事業者向け「FinTech アダプター」を提供開始

NO BUDGET

2016-03-16 22:52

 ブイキューブは3月16日、FinTech事業者とFinTechの活用をすすめている金融機関向けに、オンライン対面コミュニケーションをFinTechサービスに組み込むことができる「FinTech アダプター」の提供を開始すると発表した。

 同社のビジュアルコミュニケーションサービス「V-CUBE」と、FinTechサービスとを連携させ、金融商品・金融サービスの紹介時や販売時に求められる対面での接客や商品説明をオンラインで実現できる。これにより金融機関はユーザーの希望する時間や場所に合わせた柔軟な対応が可能となり、金融サービスのオムニチャネル化に貢献するとしている。

(ブイキューブ提供)
(ブイキューブ提供)

 FinTech アダプターの特徴は以下の通り。

  • 高品質で、機密性と可用性に優れた映像と音声を使ったビジュアルコミュニケーションの実現
  • 契約書や金融商品などの説明に必要不可欠な資料共有
  • パソコンだけでなく、スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスでの利用が可能
  • 映像による本人確認や書面への手書きのサインが可能
  • 自動録画による証跡管理が可能

 FinTech アダプターは、FinTechサービスとの連携で、資産運用や相続相談といった窓口業務の遠隔対応、遠隔営業、営業パーソンの遠隔支援などのシーンで活用することができる。ブイキューブでは、これを通じて金融サービスのオムニチャネル化と金融業務のワークスタイル変革を支援していくほか、今後も企業ユーザーのニーズに合わせたAPIやSDKの提供を進めていくとのこと。

 SBI証券 マーケティング部では、今回の「FinTech アダプター」提供開始について、以下のエンドースメントを発している。

 「SBI証券では、『V-CUBE セミナー』を利用させていただいております。当社顧客向けのオンラインセミナーやインターネット会社説明会をメインに運用していますが、約1000名のお客さまが同時に視聴可能な安定したシステム環境、ライブ配信後のスムーズなオンデマンド視聴への切り替え、使い勝手の良いアンケートフォームなど、お客様へのサービス向上に大いに貢献しております。また経験が浅い人間でも担当できるシンプルな管理画面や、スタッフの方のきめ細かなサポート対応により、運用面でも大変助かっております。今回、『Fintech アダプター』を導入されることで、より洗練された顧客サービスの提供に貢献していただけることを楽しみにしております」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]