編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Enterprise CloudでインメモリDBのHANAが利用可能に--ベアメタルサーバに構築

ZDNet Japan Staff

2016-04-02 07:00

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月1日、自社で展開する企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」に、SAPのインメモリデータベース「HANA」をクラウドで提供するサービスを同日に追加すると発表した。

 サービス名は「SAP HANAメニュー」。日本国内とグローバルで事業展開する企業がEnterprise Cloudを利用することで、HANAを含む基幹システムを、クラウド上で短期間、低コストで導入、運用できるようにする。


 初期費用は無料で、最低利用期間もなくHANA環境をクラウドで提供するのが特徴。企業は従来必要だったHANAのアプライアンスを購入することなく、低コストかつ導入期間を大幅に短縮してHANAの利用を開始できるとしている。

 SAPが規定するシステム性能などの各種基準値をクリアした「テーラード データセンター統合(TDI)」モデルで提供することもポイントとする。Enterprise Cloudのベアメタルサーバと、NFS接続が可能で、大容量ファイルを高速処理できるファイルストレージにSAP HANAメニューを組み合わせる。

 これにより、TDIモデルをクラウドサービスとして利用できるため、開発、検証、本番環境のシステムとして迅速かつ安定的に利用できるとする。

 NTT Comは、SAP Outsourcing Operations Providersとして、「Hosting」「SAP HANA」「Cloud Services」の3つのカテゴリでグローバル認定を取得している。今回、Enterprise Cloudに、SAP HANAセットを追加することで、SAPに関するクラウドプラットフォームとマネージメントサービスである「Global Management One」を、グローバルかつ一元的に提供することになる。

 グローバル展開する企業が、グローバルガバナンスを統一しIT運用保守のトータルコストを削減できるようにする。

 提供開始は4月1日。東日本拠点で提供を開始し、2016年中に海外拠点にも順次拡大する。税別価格は月額27万8000円から。OSライセンスやハードウェアの監視運用費用を含む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]