WindowsとMac向け「Google Drive」、同期するフォルダを選択可能に

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-18 12:16

 Googleが「Google Drive」の新しい同期機能をリリースした。この機能を利用すれば、コンピュータでスペースを節約することができる。

 これまで、Google Driveで同期を行うと、クラウド上のすべてのデータがユーザーのコンピュータに複製されていたため、ローカルストレージへの負担が大きかった。比較的容量の少ない1テラバイトストレージのプランでも、その大半を使用しているのであれば、すべてのデータを同期することは多くのコンピュータにとって理想的ではない。

 「Mac」および「Windows」向けのGoogle Driveがアップデートされ、ユーザーは同期するフォルダとサブフォルダを選べるようになった。

 ほぼすべてのコンピュータは、30テラバイトプランの全データを同期するのは不可能であるため、このアップデートは理にかなっている。

 同期するフォルダを選択するには、Google Driveのアイコンをクリックして、「Preferences」(設定)を開いた後、「Sync Options」(同期オプション)に進む。ここに「Sync everything In My Drive」(マイドライブ内のすべてを同期)と「Sync only these folders」(これらのフォルダのみ同期)という新しいオプションが追加されている。

Google Driveで、同期したいフォルダを選択できるようになった
提供:Google

 各フォルダには、使用しているストレージ容量が表示されるので、ユーザーは同期対象のフォルダを選択解除および選択することで開放あるいは消費されるストレージ容量を把握できる。フォルダの選択を解除すると、そのフォルダはハードドライブから削除されるが、Drive上には残されている。

 また、共有ファイルが移動、削除された際にアラートを表示する機能が追加された。Googleは、コンピュータからのファイルの移動や削除を容易にしたいと考えているが、共有ファイルを削除あるいは移動して他のユーザーがアクセスできなくなる場合に警告を表示するようになる。

 新しい機能は、今後数週間のうちに提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]