グーグルの親会社Alphabet、第1四半期決算は予測下回る

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年04月22日 08時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleの親会社であるAlphabetは米国時間4月21日、第1四半期決算(3月31日締め)を株式市場取引終了後に発表したが、その業績結果は予測を下回るものだった。

 技術大手である同社の純利益は52億4800万ドル、1株あたり6.02ドルだった。

 トラフィック獲得コスト(TAC)を含む売上高は前年同期比17%増の202億5700万ドル、非GAAP利益は1株あたり7.50ドルだった。

 ウォール街の予測は、売上高203億8000万ドル、1株あたり利益7.97ドルだった。

 TACを除く純収益は、165億5000万ドルと予測されていた。

 AlphabetのTACを除く売上高は164億6900万ドルで、その予測をわずかに下回った。

 AlphabetとGoogleの両社で最高財務責任者(CFO)を務めるRuth Porat氏は、全般的に予測を下回ったこの業績結果において売上高の前年比増加を特に取り上げた。

 「われわれは十分に考慮した上で、GoogleおよびOther Betsにおいて長期的な成長に向けた適切な体制を確保するための大きな賭けを追求し、心躍る新技術を構築している」と同氏は用意された声明で述べた。

 エンタープライズクラウド、ソフトウェア、データ管理製品の多くを含むGoogleの売上高は200億9100万ドルで、第1四半期売上高の大部分を占めているが、前四半期の211億7800万ドルからは減少した。

 Googleのクリック単価(CPC、広告クリック1回あたりの利益)は、前年同期比で9%減少した。

 Alphabetのヘルスケア関連イニシアチブやその他の投機的なプロジェクト(「ムーンショット」)を含むOther Bets部門では、同四半期の売上高はわずか1億6600万ドルで、営業損失は8億200万ドルにも上った。この部門の売上高に主に貢献したのは、「Nest」と「Fiber」だった。

 この部門の損失額は大きいが、前四半期よりは改善されている。前四半期の営業損失は35億ドルだった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算