編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ゲイトウェイ・コンピュータ、オンプレミス型標的型攻撃メール対策訓練を提供

NO BUDGET

2016-05-16 15:25

TechRepublic Japan関連記事

 セキュリティソリューションの開発・販売を手掛けるゲイトウェイ・コンピュータは5月11日、標的型攻撃メール対策訓練ソリューション「gINCサーバ」(ジーインクサーバ)を同日より提供開始すると発表した。価格は、ハードウェア本体(HP MicroServer)に設定したgINCサーバ(1年間の無制限ライセンス 初年度保守付)を180万円から提供、次年度更新費用は36万円から。

 gINCサーバは、同社が提供するクラウド型標的型攻撃メール訓練ソリューション「gINC」をオンプレミス型のサーバとして提供するもので、外部ベンダーに依頼することなく、ユーザー社内で本格的な標的型攻撃メール対策訓練が実施できる。

 ゲイトウェイによると、gINCの依頼が昨年より急激に高まっている中で、環境によっては、「クラウドサービスが利用できない」「アカウント数が多く高額で実施が難しい」といった要望があったことから、オンプレミス型の製品としてgINCサーバを開発したという。

 本ソリューションの主な特徴は下記の3点。

訓練のための情報や訓練結果を外部ベンダーに知られることなく実施可能

 当社で行う従来型の訓練では、訓練対象者である従業員の名前やメールアドレスを外部企業に提出する必要があり、実施した訓練結果は、その外部企業に知れることとなります。gINCサーバであれば、外部との接続は一切ないため、企業の情報も訓練結果も外部に渡ることはありません。

外部サービスに接続ができない環境でも訓練の実施が可能

 企業のセキュリティポリシーによりクラウドサービスのような外部接続サービスの利用が禁止、もしくは制限されている場合でもgINCサーバであれば訓練の実施が可能です。

毎年、様々な手法で複数回の訓練を実施する場合、コスト削減が可能

 定期的な訓練を1年間に複数回実施している企業においては、費用負担が増加してしまいます。gINCサーバは無制限ライセンスで、更新費用も安価なため、大きなコスト削減を図ることができます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]