海外コメンタリー

サイバー脅威のハンティングとは?--何が必要でいかに実行するか - (page 2)

Michael Kassner (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-05-19 06:30

サイバー脅威のハンティング方法

 脅威のハンティングを実施する際には、組織の弱点と、ハンティングに最適な場所、敵が検出を避けるために使用しそうな方法を見極めることが最も重要となる。一例を挙げると、組織のネットワーク上に存在する最も貴重な資産やデータを洗い出せば、最優先でそれを守るという判断を下せるようになるとともに、その資産に対して敵がどのような攻撃を仕掛けてくるのかを仮定できるようになるわけだ。

 ホワイトペーパーの著者らによると、ハンティングを実施するにあたってのアドバイスとしては、以下のようなものがあるという。

ハンティングに必要なデータとは

 データは多い方がよい。SANS Instituteのホワイトペーパーによると「ハンターには、個々のデータを軸にしてそのつながりや関連を導き出すことで、最終的に脅威を暴けるようなデータが必要となる。スキルのある要員や高価なツールをどれだけ用意しても、フローレコードやログ、アラート、システムイベント、デジタルイメージ、メモリダンプ、組織全体から収集されたその他の情報といった、環境から収集されるデータの欠落を埋め合わせることなどできない」と記されている。

ハンティングの方法

 データ科学の活用は、データ量と、迅速かつ徹底した分析へのニーズを考えると必要不可欠だ。このためSANS Instituteの著者らは、「セキュリティ侵害の痕跡(IOC)やアラート、その他の情報は役に立つものの、腕の立つハンターは機械学習とアナリティクスのためのツールを使用し、視覚的な表示機能を活用してその情報を把握し、疑問に対する答えを探求するとともに、大規模データセットをまたがる不審な振る舞いをピンポイントで見つけ出す」という点を示唆している。

焦点を当てる方法

 分析が最も効果的な手法となるのは、個々のアラートにとらわれず、全体的なパターンと異常を洗い出せる場合だ。これは経験から見ても明らかだろう。SANS Instituteのホワイトペーパーの著者らは、「こういったことはカスタマイズされたアナリティクスと機械学習によって可能になり、自動化によっても支援される。また、ツールが提供するリンク分析の可視化といった機能によって、膨大な量のデータセットをふるいにかける必要があったとしても、さらにネットワーク内のノイズが邪魔になる場合であっても、組織内における犯罪者グループの企てを特定するためにアナリストを支援できるようになる」と示唆している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]