生産工程の改善も--ぷらっとホームが展開するIoTパッケージ

NO BUDGET

2016-06-30 15:30

TechRepublic Japan関連記事

 ぷらっとホームは、さまざまな業種で導入できるIoTソリューションパッケージとして「OpenBlue IoT Package」を5月に発表した。IBMのIoT向けクラウドサービス「IBM Watson IoT Platform」を利用。自治体や物流、工場、小売、医療機関、空港などでの利用を想定している。

 パッケージのラインアップは「屋外位置測位ソリューションパッケージ」(屋外向け位置測位)と「屋内位置測位ソリューションパッケージ」(屋内向け位置測位)の2種類。 ビーコンデバイスやクラウドサービス、アプリケーションなど導入に必要なコンポーネントをパッケージ化しており、ユーザーがコンポーネントを別途選ぶ必要がない。

 導入後も、IBM Watson IoT Platformが提供する各種コグニティブサービスやアナリティクスサービスを追加できる。

 屋外位置測位ソリューションパッケージは、高齢者や子どもなどの見守り用途に利用できる。ビーコン(発信機)を取り付けた高齢者や子どもが現在どこにいるのかをリアルタイムに把握でき、事故や犯罪に巻き込まれないようにできる。

 一方、屋内位置測位ソリューションパッケージは、屋内の人やモノの位置測位が可能で導線分析をすることで、人員配置や設備のレイアウトの最適化や、業務効率改善などへの応用が可能。物流や工場、小売、医療機関、空港などでの利用を想定している。例えば、製造現場や工場などで作業員の導線を分析し、ムダな導線の洗い出しを実施るすことで、生産工程を改善できる。

 屋外、屋内両ラインアップとも、本番運用用途では個別見積もり。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]