編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

インテル、Core m3を搭載したCompute Stickの新モデルを発売開始

NO BUDGET

2016-06-23 12:12

TechRepublic Japan関連記事

 インテルは6月22日、「インテル Compute Stick」にCore m3プロセッサを搭載した新モデル(STK2M3W64CC)を追加、同日より販売すると発表した。日本の認定インテルディストリビューターを通じて、国内の主要家電量販店や、代理店、主要PCショップで販売される。



 Compute Stickは、お菓子のガムのパックと同程度の小ささながらも、HDMI端子を備えたテレビやディスプレイに接続するだけで利用できるコンピュータ。新モデルでは、既存モデルのAtomプロセッサより高性能なCore m3プロセッサを搭載したほか、メモリおよびストレージ容量を増量しており、従来の製品と比較して処理能力やグラフィックス性能を大幅に向上させた。

 Compute Stick新モデル(STK2M3W64CC)の主な仕様は以下の通り。

プロセッサインテル Core m3-6Y30プロセッサ(デュアルコア、900MHz、ITB時最大2.20GHz、4MBキャッシュ)
グラフィックスインテル HDグラフィックス
搭載OSWindows 10
メモリー4GB DDR3-1866
ストレージ64GB eMMC、マイクロSDXCスロット
ネットワークインテル Dual Band Wireless AC 8260
本体サイズ(縦×横×厚さ)114mm x 38mm x 12mm
価格オープン
販売開始予定日(縦×横×厚さ)2016年6月22日(水)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]