HP、「Business Intelligence Modernization Services」発表--ビッグデータ活用を支援

Rachel King (ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-08-27 16:41

 Hewlett-Packard(HP)の最高経営責任者(CEO)のMeg Whitman氏が繰り返し述べているとおり、同社は復活への道を歩み続けており、そのなかで同社は、数多くのエンタープライズ戦略を見直している。

 まだ疑問点はたくさんあるが(HPの3Dプリントの計画など)、同社はビッグデータビジネスへの新しい取り組みの1つを明らかにしたところだ。

 「Business Intelligence Modernization Services」と名付けられた新パッケージは、自社のビッグデータとビジネスインテリジェンスのリターン計画を見直そうとしている企業を支援することを目的としている。

 HPによれば、このサービスラインはカスタマイズが可能で、提供前に各エンタープライズ顧客に合わせて調整できることが大きな差別化要因になるという。

 小規模なカスタマーサポートとコンサルティングサービスを備えた、ハードウェアとソフトウェアの融合に基づくこのビジネスインテリジェンススイートは、データディスカバリ、ハイブリッドデータ管理、全体的なアナリティクスを中心とした、最適化サービスを特徴とする。

 顧客はこのサービスで、サービス型デリバリ(delivery as-a-service)、プライベートクラウド、ホステッドソリューション、オンプレミスソリューションなど、多様な導入および支払モデルから選ぶこともできる。

 HPは、オープンアーキテクチャである点も強調しており、企業はほかのベンダーの異なるクラウド製品やビッグデータ製品を組み込むことができる。

 HPの新しいBusiness Intelligence Modernization Servicesは、世界各国で提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]