編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
HPE Discover

Watsonに対抗--HPEの機械学習「Haven OnDemand」

末岡洋子

2016-06-29 07:30

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は3月に正式提供を開始した機械学習のオンデマンドサービス「Haven onDemand」で機械学習の普及に注力している。同社でソフトウェア事業を統括するRobert Youngjohns氏は「実際に使える技術を提供する」と述べ、IBM Watsonとの競合にも自信を持つ。

HPEでソフトウェア事業を統括するRobert Youngjohns氏
HPEでソフトウェア事業を統括するRobert Youngjohns氏

 HPEが6月に開催した自社イベント「HPE Discover」での基調講演で、Youngjohn氏は「さまざまな変化がある中、機械学習とディープラーニングは土台からの変化」と述べる。

 土台からの変化とは、具体的にはこうだ。「コンピューティングはビジネスプロセスの定義からスタートして、自動化のためのコードを作成し、関連するデータを保存し……。さまざまなところでデータが生まれている。データから開始して、分析し、その上にビジネスプロセスを作るという新たなパラダイムが生まれている。これは全く新しいアプリケーションの誕生につながる」とYoungjohns氏。

 HPEはこの分野で、リアルタイム分析のVerticaとAutonomyを2011年に買収している。中でも機械学習ではAutonomyの非構造化データ分析「IDOL」を土台としており、Haven onDemandも2014年発表当初「IDOL on Demand」という名称だった。それを”避難所”や”安息所”を意味する「Haven」とリブランディングし、今年3月に商用サービスとした。

 検索、画像認識、予測分析、音声のテキスト変換、地理空間分析などの機能を備え、英語、日本語を含む20の言語モデルをサポートする。簡単に使える知能増幅機能、高度なコンテキスト検索などもあるという。2年近くのベータ期間中に1万6000人以上の開発者が参加しており、どのAPIが使えるか、どのようなユースケースがあるのかなどのフィードバックを得たとHaven onDemandのプロダクトマーケティング担当ディレクター、Julie Choi氏は言う。

 パターン認識、ニューラルネットワークなどの高度な技術を利用する機械学習は、これまで限定された技術だった。「博士号を持つ人、高価なコンサルタント、複雑な技術、特定のユースケース向けに調整されたモデル、これにサーバ、ストレージなどが組み合わさるとても高価なソリューションだった」とYoungjohns氏。「もっと実践的な方法が必要だ。HPEはデータの場所や形式に関係なく、あらゆる開発者がデータを理解して活用できるというアプローチをとる」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]