編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

AWSのストレージサービス「Amazon EFS」が一般提供開始--米国など一部リージョンで

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-30 11:17

 Amazonはこれまでプレビューとして提供してきた「Amazon Elastic File System(EFS)」ストレージサービスの一般提供を開始した。米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)の3リージョンで提供し、他のサービスと同様に顧客は利用した分だけ支払うことになる。

 EFS2015年にAmazonが発表した共有ファイルストレージサービスで、AWSのクラウドストレージ製品上にある管理可能なファイルシステムに対し、低遅延でアクセスできる。複数のEC2インスタンスに対応し、複数のアベイラビリティゾーンでファイル、ディレクトリ、リンク、メタデータのコピーを保存できる。これにより企業のデータを保護できるという。

 拡張性のあるファイルストレージをより容易に管理する手段を求める顧客のフィードバックを受けて開発されており、作成したPOSIX準拠ファイルシステムに拡張性があるという点はエンタープライズ顧客に訴求するものとなるだろう。ペタバイト級まで拡張でき、上限はない。

 Amazonは公式ブログで、単一のVirtual Private Cloud(VPC)からサービスにアクセスできると説明している。VPC内に作成してマウントしたマウントターゲットを経由する。各マウントへのアクセスはVPCのセキュリティグループで制御できる。

 EFSに接続したファイルシステムは、ファイルシステムに接続しているクライアントの数、ファイルシステムの読み書きの量、バーストレベルのスループットで転送されるデータの容量といった指標を「CloudWatch」コンソールに提供する。

 一方で、VentureBeatが指摘しているように、制限もある。システムはWindowsを動かすEC2インスタンスでは利用できず、特定ののAWSリージョンでの上限は10ファイルシステム、同一のファイルに同時にアクセスできるアクティブユーザーの上限は128となっている。


提供:Amazon

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]