CRMベースMAの弱点解決へ--ジーニーが新ソフトウェア

NO BUDGET

2016-07-07 17:09

 ジーニーは7月5日、マーケティングオートメーション「MAJIN」のサービス提供を開始すると発表した。

 マーケティングオートメーション(MA)への注目度が高まってきたが、これまでのMAプラットフォームはCRMをベースとしており、メール配信をはじめとした販売促進に特化していた。そのため、集客に関する課題を解決できておらず、BtoCでの利用が進んでいなかったという。

 MAJINは、同社のスマートフォン向けプッシュ通知サービスを基に開発した。SSP(Supply-Side Platform、媒体社側を支援する広告販売支援ツール)の開発・運営で獲得した技術力を生かし、集客施策から販売促進、顧客管理までを自動最適化するBtoC向けサービスとなっている。

 ウェブブラウザに加えて、アプリからの集客から販売促進までのデータを分析し、データドリブンのマーケティングを実現するとしている。

 これにより、既存カスタマーをファン化し、ロイヤリティを高められるだけでなく、人工知能によりロイヤルカスタマーとなり得る条件を分析し、購買意欲の高い新規ユーザーを集客することも可能になるとしている。

 主な特徴は以下の通り。

  • 業種特化、クロスチャネルでのスコアリング/シナリオ配信
  •  広告やマーケティング、メディアやユーザーのデータを蓄積・統合・分析し、全てのチャネルに活用できるデータプラットフォーム「Geniee DMP」の強みを活用。業種ごとに最適なルール設計を実現し効果を最大化する。

  • 月額10万円ですべての機能がオールインワン
  •  月額10万円のスタンダードプランで、集客(アトリビューション、入札自動化、レポート一元化)、販売管理(アナリティクス、DMP)、販売促進(プッシュ通知、メール配信)など、全ての機能が利用可能。7月末までの問い合わせの場合、初期費用10万円無料。

  • メール、プッシュ通知、リスティング・ディスプレイ広告との連携も可能
  •  メール配信の自動最適化だけでなく、マーケティングオートメーションとリスティングやディスプレイ広告を掛け合わせた運用のほか、スマートフォンのプッシュ通知の自動最適化なども可能。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]