編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」

Dockerがビッグデータ基盤に新風を吹き込む

古賀政純(日本ヒューレットパッカード)

2016-07-25 07:00

 こんにちは。日本ヒューレットパッカード オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリストの古賀政純です。今、世界のIT基盤は、人工知能、ビッグデータ、ハイブリッドクラウド、DevOpsなどの先進技術を駆使し、従来とは異なる新たなビジネスを生み出そうとしています。その新たな価値を生み出す重要な要素の1つに「Docker」が挙げられます。

 2020年の東京オリンピックを見据えた日本は、先進的なITを国家戦略の中核に位置づけ、「世界最先端IT国家」への道を歩むことを国として表明しています。そして、欧米の先進的なITを駆使する国や企業を相手に、日本は、最先端ITを駆使して戦っていく必要があります。しかし、2016年時点での日本の現実に目を向けると、先進的なITに対する懐疑的な見方も散見されます。特に、Dockerに対しては、誤解やネガティブな考え方を持つ方も少なくありません。今回は、2016年時点における日本のITの現場の声に耳を傾けつつ、DockerがもたらすITの革新にせまります。

日本のITの現場の声に耳を傾けてみる

 ビッグデータ、ハイブリッドクラウド、DevOpsと呼ばれるITの先進技術とDockerを駆使することについて、日本の企業におけるITの現場ではどのような意見があるのでしょうか。筆者は、イベント登壇などで、IT部門の技術者などが集まるオープンソースソフトウェアの情報交換会に参加することがあるのですが、そこでは、ITとビジネス変革について、以下のような現場の生の声が聞こえてきます。

  • 「ウチの会社は、事業内容に変化がないから、今のIT基盤で業務がずっと安定して動いていることが大事。社内クラウドでサービス化するなんて不要だと思う。Dockerは、開発部門が少しアプリのテストで使ったことがあるという情報を耳にしたが、本番システムにDockerを入れて不具合があっても困るので、今の安定したシステムに手を入れるつもりはない」
  • 「顧客のニーズを把握、予測したいのはわかるが、業務の自動化、ビッグデータで知能化なんて到底ウチの会社でできる気がしない。Dockerというキーワードはよく耳にするけど、Dockerって仮想化技術の一種って聞いたから、ビッグデータや人工知能とは無関係だと思うし、そもそも、Dockerもビッグデータも2つも新しいことを習得するための予算も時間もないし、人材もいない」
  • 「ウチの会社は2016年現在、仮想化がやっとで、クラウド化(サービス化)も全然できていないし、ましてや、Dockerを組み合わせるなんて雲の上の話。会社の上層部からは、ITでコスト削減と言われているので、仮想化ソフトと省電力のカートリッジ型のコンピュータを入れるのが関の山。巷で流行しているハイパーコンバージドの仮想化向けハードのGUI操作がとても簡単で、素人でも操作できるし、現状ウチの会社は、それで十分なのでDockerはいらない」
  • 「開発と運用を両輪でまわすと言われてもピンとこない。ウォーターフォール型開発で作った今のITシステムは、不具合解消も運用部門だけでうまくまわすことができているし、Dockerみたいな新しい技術を無理矢理入れる必要もないと思う。ウチは、できるだけパッケージソフトウェアを使うようにしているし、開発は極力しないという方向だから、Dockerは不要」

 皆さん、いろいろ悩みや事情を抱えていることがわかります。「今のシステムで不満はないから」という理由で、積極的に先進技術の導入をしない方もいますし、パッケージソフトを使っているからDockerは要らないという方もいます。

 また、よく耳にするのが「Docker=仮想化の一種」という声です。中には、「Docker=仮想化だからビッグデータとは無関係」という声もあります。確かにユーザー側からは、Dockerは“ハイパーバイザー型の仮想化ソフトと同様に、異種Linux OSの混在が実現でき、サーバ集約ができそうなソフト”のように見えますので、「Docker=仮想化」という認識が広くあるのでしょう。しかし、「Docker=仮想化=ビッグデータとは無関係」という考えは、果たして正しいのでしょうか。


情報交換会で聞こえてくる声

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]