海外コメンタリー

近づく「Windows 10」大型アップデート、導入の意義はセキュリティ

Mark Kaelin (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年07月14日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 会社の規模に関わらず、ネットワークのセキュリティは大きな懸念事項であるはずだ。今現在もどこかの企業のネットワークが悪者に攻撃されており、その攻撃の成功率は、本来あるべき姿よりも高い。それが、2016年の世界の現実だ。

 Microsoftはこれまでも「Windows 10」に重要なアップグレードを施してきており、企業が攻撃に対抗するのを支援してきたが、データ漏えいは今でも珍しい話ではない。同社はWindows 10 Anniversary Updateで、強化されたセキュリティ機能を新たに追加するとしており、これによって、Windows 10が企業で唯一の現実的な選択肢になることを望んでいる。

高度な保護

 Microsoftは同社の新ブラウザ「Edge」とその仕組みは、セキュリティ侵害を防止するのに役立つと強調している。Anniversary Update版のEdgeでは、Flashのコンテンツはブラウザの外部に隔離されるため、Flashの脆弱性を利用した攻撃の効果は減少する。また、Edgeと「Internet Explorer」に修正が加えられ、多くのWindowsサブシステムにアクセスできなくなっている。これによって、ウェブブラウザがそもそもアクセスできるべきでない、重要ではないシステムの脆弱性を利用した攻撃を制限することができる。

 さらに、Windows 10 Anniversary Updateでは、「Windows Defender」もアップグレードされる。Microsoftはこれらの改善によって、すでに運用されているシステムの効果が向上すると述べており、2016年4月時点でのマルウェア検出率はすでに99.8%に達しているという。

 Microsoftの多要素認証ソリューションである「Windows Hello」はすでにWindows 10に統合されているが、Anniversary Updateではさらに機能が追加される予定だ。Windows Helloを使用している顧客から最も要望が強い機能の1つは、ウェアラブルデバイスやその他のモバイルデバイスのサポートだ。例えば、従業員が指紋認証でスマートフォンやバッジにログインし、その認証済みのデバイスから、Bluetoothやその他の近距離無線通信技術を使って、デスクトップにアクセスできる機能が求められている。

結論

 Windows 10 Anniversary Updateには、いくつかの大きな新機能や機能のアップグレードが導入される予定だが、サイバーセキュリティ関係は特に手厚くなっている。残念ながら、今はネットワークの侵害が毎日のように報告されているような時代であり、Microsoftはこの分野に多くの開発予算を投じている。

 同社は、Windows 10 Anniversary Updateは、史上で最も安全なWindowsになったと主張している。Microsoftは自社の名声を賭けており、安全な企業向けITプラットフォームを提供することに自社の未来を預けている。セキュリティを向上させるという同社の取り組みで重要なのは、企業がWindows 10を使っている必要があるということだ。

 Microsoftは事実上、企業に選択を迫っている。もしWindows 10以前のバージョンを使っていれば、Microsoftが対応しない大きなセキュリティリスクを抱えることになるかもしれない。もし自分の会社がWindows 10を全面的に使っていれば、特にAnniversary Update以降であれば、Microsoftはよきパートナーとなるだろう。使っているのが特にWindows XPであれば、Microsoftは助けることができない。

 現実問題として、Microsoftは古いバージョンのWindowsに幕引きをしようとしている。Windows 10の導入を避けている企業は、比較的近い将来、競争上の不利を抱え込んでいることに気づくかもしれない。Microsoftの観点から見れば、もはやWindows 10に対してノーという選択肢はない。それはMicrosoftに対する挑戦であり、それによってセキュリティが犠牲になるだろう。これは、2016年8月2日までにITプロフェッショナルが考えておくべきことの1つだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化