編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

リコー、UTMを活用した中小企業向け「ネットワークセキュリティパック」

NO BUDGET

2016-07-25 11:25

 リコーは7月22日、IT専任者がいない中小企業向けのセキュリティ対策サービス「ネットワークセキュリティパック」を提供開始した。税別価格は初期費用20万3000円から、利用料金が月額8300円から。

TechRepublic Japan関連記事

 統合脅威管理(UTM)システムを用いて、巧妙化するサイバー攻撃に対抗するインターネット環境を提供するもの。インターネット接続から、クライアントPCの設定、ネットワーク環境の構築運用に至るまでをワンストップで支援。日常業務の中でネットワーク環境に問題が発生した際には、障害の切り分けや対応を実施する。

 ネットワークセキュリティパックの主な特徴は以下の通り。

  • UTMの設置からPCの設定まで、リコーのカスタマーエンジニアが実施
  • 日常業務でネットワーク環境に問題が発生した場合、障害の切り分けや対応を行う
  • 巧妙化するサイバー攻撃に対応したインターネット環境を提供
  • マネージドセンターからの遠隔サービスとカスタマーエンジニアによるオンサイトサービスとを組み合わせて、迅速かつ柔軟なサービスを提供
  • マネージドセンターではユーザーのネットワーク機器の稼働状況を監視し、異常検知時にはいち早く連絡。また、機器の設定変更をリモートで行うことも可能

 また、UTMにより提供される機能は以下の通り。

  • ウイルス・スパイウェア対策:ネットワークの入口での不正プログラム対策
  • ウェブレピュテーション:危険・不正なウェブサイトへの接続遮断
  • URLフィルタリング:企業活動に不要なサイトへの接続制御
  • ボット通信検知:遠隔操作となるC&C通信の検知と防御
  • 不正侵入防御(IPS):OSやアプリケーションなどの脆弱性を突く攻撃から保護
  • アプリケーションコントロール:アプリケーションを認識して細やかに制御
  • ファイアウォール:プロトコル、ポートなどによる制御
  • メールセキュリティ:不正・迷惑メール対策
ネットワークセキュリティパックの概要図
ネットワークセキュリティパックの概要図(リコー提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]