調査

東京五輪とインバウンド需要で堅調に拡大--公共、医療、教育における第3のプラットフォーム市場

NO BUDGET 2016年08月01日 11時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは7月29日、公共(官公庁、自治体)と医療、教育の各分野を対象に、第3のプラットフォームに関する需要動向の調査結果を発表した。民間企業に比べると、成長はやや低いものの、東京オリンピック/パラリンピックの開催とインバウンド需要への対応などの影響により、堅調に拡大していくとみられるという。2015~2020年の年平均成長率(CAGR)では、官公庁分野が8.1%、自治体分野が7.2%、医療分野が6.6%、教育分野が5.6%と予測している。

 公共部門では、東京オリンピック/パラリンピックの開催とインバウンド需要の拡大に伴い、東京や大阪などを中心に社会インフラ関連や観光分野での第3のプラットフォームへの投資が増えていく。一方、大都市圏以外の地域では、民間部門での第3のプラットフォームの活用が進んでいない上に、円高による景気後退が懸念されるとしている。二極化が予想されている。公共部門による第3のプラットフォームの積極的導入に伴う地域活性化が期待されるとした。

 大都市圏以外の各地域で第3のプラットフォーム市場を拡大していくには、第3のプラットフォームを活用することにより地域経済を成長させる青写真を描き、それを実現していくことが不可欠となる。医療機関、教育機関においても、社会保障費の削減、ヘルスケアサービスの向上、教育分野における国際競争力の向上などの具体的な目標に向けて計画を作り、投資対効果を高めていくことが求められる。これらの公的な目標を達成するには、第3のプラットフォームを効果的に活用する「公共版デジタルトランスフォーメーション」の持続的な実現が重要となる。

 同社ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬弥生氏は、「ITベンダーは、公的なユーザー機関と共同で公共版デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた青写真を描き、経済や社会問題を解決するための第3のプラットフォーム市場をともに切り開いていくべきである」と分析する。

国内の公共、医療、教育分野における第3のプラットフォーム市場予測:2016~2020年
国内の公共、医療、教育分野における第3のプラットフォーム市場予測:2016~2020年(IDC Japan提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算