編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「IDCFクラウド」にウェブサイトの広域冗長化対応--バックアップも自動切り替え

NO BUDGET

2016-07-26 12:24

 IDCフロンティアは、クラウドサービス「IDCFクラウド」のラインアップにGSLB機能(Global Server Load Balancing)を加え、7月21日から提供を開始した。

 GSLB機能は、物理的に離れて稼働する2つ以上のウェブサイトを束ね、要求されたリクエストを負荷状況に応じて最適なサイトへ振り分ける。障害時には、待機させておいたウェブサイトに自動で切り替え、システムを短時間で復旧させるといった事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の役割にも使える。

 IDCフロンティアは、IDCFクラウドだけでなく、オンプレミス、他社のデータセンターやクラウド上に構築したウェブサイトも冗長化や負荷分散の対象にした。

GSLBの利用イメージ(IDCフロンティア提供)
GSLBの利用イメージ(IDCフロンティア提供)

TechRepublic Japan関連記事

 同サービスは、一時的な案内ページ(Sorryページ)の迅速な表示などを、物理的に離れたクラウドやデータセンター、オンプレミス間で容易に設定できる。IDCFクラウドのユーザーは、物理的に1000km以上離れた東日本と西日本のサービス提供地域同士を自社の閉域網で無料で接続する「リージョン間接続」を利用できる。GSLBとDNSサーバは国内3拠点に分散配置され、サービスの提供継続性を確保している。

 同サービスの利用価格は、月額で、基本料金(DNS 1ゾーン)が50円、1サイト登録(GSLB 1レコード)ごとに250円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]