編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows 10」の小技--プリインストールWindowsのプロダクトキーを確認するには

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-09-02 06:30

 WindowsがプリインストールされているPCをこの数年のうちに購入していた場合、WindowsのプロダクトキーはBIOSに記録されている可能性が高い。「PowerShell」の小技を使えば、マシンの奥深くに隠されたこのキーを見つけ出し、自らが現在保持しているライセンスに関するより詳しい情報が得られるはずだ。

キャプション
※クリックすると拡大画像が見られます

 この数年のうちにPCを購入したというユーザーであれば、マシンの外見で今までとは異なる点に気付いているかもしれない。

 最も目立つ違いは、プロダクトキーがどこにも見当たらないという点だ。「Windows 7」以前の「Windows」がプリインストールされたPCには、ホログラムが印刷された「Certificate of Authenticity(COA)」シールが貼られていた。

 しかし「Windows 8」以降では、その情報はCOAシールに記載されるのではなく、BIOSに埋め込まれるようになった。このため、PCにプリインストールされていたWindowsと同じバージョンのOSを再びインストールする場合、自動的にアクティベーションが実行されるようになっている。

 Windowsを後で復元するためにプロダクトキーをどこかに保管しておきたいという場合、PowerShellウィンドウをオープンし、以下のコマンドを実行すればよい。

(Get-WmiObject -query 'select * from SoftwareLicensingService').OA3xOriginalProductKey

 もしも何も出力されなかった場合、そのシステムのBIOSにはWindowsのプロダクトキーが記録されていないことになる。そのような場合はたいてい、自作PCや、システムビルダーがOEMライセンスで構築したシステム、元々「Windows 10」のライセンスとともに販売されたPCのいずれかであるはずだ。

 「Key Management Service」(KMS)を利用してラインセンスを管理しているネットワーク管理者であれば、上記のPowerShellコマンドに対して異なるオプション一式を引き渡せば、ネットワークに接続されているPCの詳細情報を取得できる。以下のコマンドを使用することで、マシンの現在のライセンス状況に関するすべての詳細を表示できる。

Get-WmiObject -Class SoftwareLicensingService | Select-Object -Property *

 コマンドの最後にあるアスタリスク(「*」)を忘れないようにしてほしい。

 このキーをどこかに保存するには、PowerShellウィンドウをクリックし、マウスのドラッグで25桁のキー全体を選択した後、右ボタンをクリックすればよい。何も変化がないように見えるが、これで選択した内容はクリップボードにコピーされている。このため後は、テキストファイルにペーストし、安全な場所に保管すればよい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]