HPがCRMを刷新、「Microsoft Dynamics」を導入--セールスフォースから乗り換え

ZDNet Japan Staff

2016-09-13 11:45

 Microsoftは米国時間9月12日、自社CRM「Microsoft Dynamics」の実装でHPと6年の契約を締結したことを発表した。Microsoftがこの分野で競合するSalesforce.comから乗り換える格好となり、Dynamicsのほか、「Office 365」「PowerBI」などのMicrosoftのクラウド製品を利用してコラボレーション環境を構築する。

 HPは営業とパートナー向けの環境を一新しており、その一部として導入された。Dynamics CRMや「Azure」「Office 365」、その他のMicrosoft Cloudソリューションに投資して営業とサービス向けのコラボレーションプラットフォームを構築しているという。Office 365は営業、サービス、マーケティング担当者がチームワークの向上やコラボレーションに利用しており、マーケティング担当者はまた、「Power BI」を利用してビジネス上の洞察を得たり予測を行ったりしているという。

 HPの最高執行責任者(COO)Jon Flaxman氏は声明で、「直接販売、パートナー、サービス向けのCRMソリューションにMicrosoft Dynamicsを選んだ。これによりHPは、効率がよく効果を生むコラボレーションエンジンをクラウドベースのソリューションを事業全体で利用することができる」と記している。

 HPの前進であるHewlett-Packardは、HPとHewlett Packard Enterpriseとの分社前までCRM、セールスなどでSalesforce.comを利用していた。Salesforce.comとの契約は2012年に結ばれており、翌年にはるHewlett-Packardが提供するConverged Infrastructureで稼働するSalesforceマルチテナント・クラウドの専用インスタンス「Salesforce Superpod」を構築するという提携も結んでいた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]