レッドハットが注意喚起--2017年3月にRHEL 4/5の修正版の提供が終了 - (page 3)

日川佳三 2016年09月29日 10時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

RHEL 7は2024年までサポート、Dockerコンテナもメリット

 RHEL 4やRHEL 5からバージョンアップするなら、RHEL 6ではなくRHEL 7が望ましい。第1の理由は、通常サポートの期間が長く残っていることだ。RHEL 6は2020年11月30日まで、RHEL 7は2024年6月30日までサポートする。また、新機能やハードウェアが追加されるProduction 1フェーズは現在RHEL 7だけで、RHEL 6は5月10日にProduction 1フェーズが終了している。

 RHEL 7は、対応ハードウェアや性能、機能においてもメリットが多い。まず、現行のサーバ製品はRHEL 6とRHEL 7しかサポートしていない。このため、ハードウェアをリプレースするのであれば、必然的にOSもバージョンアップしなければ動作保証外となってしまう。

 機能面では、例えばコンテナ機能のDockerは、RHEL 7で初めて標準で搭載した。また、RHELではlibcontainerと呼ぶコンテナ管理機構を使ってDockerを利用できる。「基盤となる機能はRHEL 6にも存在するが、コンテナを利用するのであればRHEL 7が望ましい」(森若氏)という。

 コンテナの利用例の1つとして、ウェブサーバのApache HTTP Serverを挙げる。コンテナで複数のApacheを動作させれば、複数のウェブサーバとして振る舞わせるVirtualHostの設定が要らなくなる。

 システム運用管理者にとっての大きな変更点は、OS起動時のプログラム起動などに使うsysvinitがsystemdに切り替わったことだ。また、時刻同期のntpdの代わりにchronyが搭載されている。元々はデスクトップ用途で導入したプロセス間通信基盤のD-Bus(Desktop Bus)の利用範囲が、RHEL 7ではシステム基盤に大きく拡大した。

アイドル時のCPU負荷を軽減

 性能面では、アイドル時のCPU負荷が下がったという。以前は、タイマー割り込みで1秒に1000回、「何かやることはないか」をチェックしていた。RHEL 6からは、このチェックの間隔を動的に調整するDynamic Ticks機能を追加した。これによりアイドル時のCPU負荷が下がった。この機能は、特に多数の仮想マシンを集約した仮想化環境で効果が大きいという。

 また、NUMA(Non-Uniform Memory Access)型のマルチプロセッシング処理の性能を向上させる工夫や大容量メモリーへの対応を施した。仮想環境におけるネットワークI/O処理やストレージI/O処理も改善しており、メモリからメモリへの無駄なデータコピーの削減機能などを実装した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]