編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

グーグル、XSS攻撃対策を支援する2つの新ツールをリリース

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-29 12:14

 クロスサイトスクリプティング(XSS)のセキュリティ脆弱性からウェブドメインを守りたい開発者向けに、Googleが2つの新ツールをリリースした。

 10億以上のドメインで導入されているコンテンツセキュリティポリシー(CSP)の95%がXSSベースのエクスプロイトや攻撃に対して「無力」であることが最近の調査で分かった、とGoogleは今週のブログ記事で述べた。

 「根本的な理由の1つは、開発者が外部スクリプトの読み込みをホワイトリストで許可することが多い上位15のドメインのうち、14のドメインで、攻撃者によるCPS保護回避を可能にするパターンが露呈していることだ。こうした状況を改善して、ウェブエコシステムがCSPの潜在能力を十分に活用できるように支援することが重要だとわれわれは考えている」(Google)

 CSP保護を強化するため、Googleは「CSP Evaluator」をリリースした。これはGoogleのエンジニアが使用しているツールで、ポリシーを設定することの効果を開発者が視覚的に把握できるようにする。さらに、気付きにくい小規模な設定ミスが原因で、極めて広範なXSS脆弱性の問題が発生するおそれがある場合、そのことをユーザーに警告する機能も備える。

 同社は開発者に対し、「ノンス」を設定してウェブセキュリティをさらに強化することも推奨している。ノンスは予測不可能な使い捨てトークンで、CSPの設定値と一致する必要がある。

 Googleが今回リリースした2つめのツールは「CSP Mitigator」だ。これは「Google Chrome」の拡張機能で、開発者がアプリケーションとノンスベースのCSPの互換性を確認できるように支援する。この拡張機能を設定して、CSPをサポートするために見直しが必要なプログラミングパターンについてのデータを収集することも可能だ。


提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]