編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows Server 2016」、MSDNやVLSCで入手可能に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-13 15:15

 Microsoftが、「Windows Server 2016」と「System Center 2016」のRTM版を公開しているようだ。

 Microsoftは米国時間9月30日まで開催されていた「Ignite」で、顧客はWindows Server 2016を10月中旬には利用できるようになると述べていた。Igniteの会期中、MicrosoftはWindows Server 2016の評価版をリリースしたが、正式版ではなかった。Igniteではまた、Windows Server 2016の顧客は追加コストなしでDockerエンジンの商用版を利用できるとも述べていた。


 Microsoftは10月12日時点で、Windows Server 2016のRTM版をMSDNでリリースしているほか、Azureのイメージとして、またVolume Licensing Service Center(VLSC)でも提供している。(この情報を提供してくれたAidan Finn氏Marko Loukkaanhuhta氏Tero Alhonen氏に感謝したい)。

 Microsoftが2016年に公開するWindows Server 2016のエディションの1つが、「Windows Server 2016 Datacenter」だ。Datacenterバージョンは、「高度に仮想化されたデータセンターとクラウド環境向け」と説明されている。このほか、「Standard」「Essentials」「MultiPoint Premium Server」「Storage Server」「Hyper-V Server」などのエディションがある。

 ライセンスについては、Microsoftが2015年に明らかにしていた通り、Windows Server 2016 DatacenterおよびStandardはコア単位となる。Microsoft AustraliaのOEMチームがブログで明らかにしているように、Essentials、Multipoint Premium、Storage Serverはプロセッサ単位となる。「Nano Server」モードを実装したい場合は、DatacenterとStandardいずれのエディションでもSoftware Assurance(SA)が必要となる。

 Windows Server 2016のStandardとDatacenterエディションには3種類のインストールオプションがあり、Nano Serverはその1つとなる(残りの2つは、「Server with Desktop Experience」と「Server Core」)。Nano Server版では「Long Term Servicing Branch」オプションは利用できず、Server with DesktopとServer Coreでは、より頻繁にアップデートされる「Current Branch for Business」は利用できない。Microsoftは実装オプションの違いについてブログで詳しく説明している。

 Datacenterエディションは無制限の数のOSE/Hyper-Vコンテナを動かすことができるのに対し、Standardエディションは2つに制限される。また、Datacenterエディションには「Storage Spaces Direct」と「Storage Replica」「Shielded VM」、ネットワークスタックなどの機能があるが、Standardにこれらの機能はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]